書誌事項

キュリー夫人

オルギェルト・ヴォウチェク著 ; 小原いせ子訳

恒文社, 1993.7

タイトル別名

Maria Skłodowska-Curie

タイトル読み

キュリー フジン

大学図書館所蔵 件 / 41

注記

キュリー夫人の肖像あり

内容説明・目次

内容説明

1898年12月のパリ—20世紀の命運を決定した放射性元素ラジウムがポーランドの一女性によって発見された。外国人、女性、貧困という2重3重の困難を克服して、祖国愛を人類愛へと昇華したマリア・スクウォドフスカ=キュリーの正伝を、21世紀をになう日本の若き読者に贈る。

目次

  • 第1章 夢と現実
  • 第2章 大都会パリ
  • 第3章 ピエールとマリア
  • 第4章 放射能
  • 第5章 孤独な名声
  • 第6章 後継者たち

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ