書誌事項

古代蝦夷の研究

北構保男著

雄山閣出版, 1993.9

改訂版

タイトル別名

古代蝦夷の研究

タイトル読み

コダイ エミシ ノ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 36

注記

付:図(1枚)

内容説明・目次

内容説明

日本民族の形成に大きなかかわりをもち、あるいはアイヌ民族の祖系ともみられている、古代エミシの歴史・考古学的研究。日本学史上初めての注目の書。

目次

  • 第1章 『宋書』倭国王武上奏文中の毛人、と蝦夷・蝦夷について
  • 第2章 斉明朝における阿倍臣船師の北征と蝦夷社会
  • 第3章 渡嶋蝦夷について
  • 第4章 大野東人と藤原保則の蝦夷政策
  • 第5章 古代蝦夷社会の時代的変遷と生活文化
  • 第6章 『諏訪大明神絵詞』を通してみる中世蝦夷社会

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ