コペルニクスも変えなかったこと : 行動生物学的恋愛論

書誌事項

コペルニクスも変えなかったこと : 行動生物学的恋愛論

アンリ・ラボリ著 ; 川中子弘,並木治訳

(りぶらりあ選書)

法政大学出版局, 1994.3

タイトル別名

Copernic n'y a pas changé grand‐chose

タイトル読み

コペルニクス モ カエナカッタ コト : コウドウ セイブツガクテキ レンアイロン

大学図書館所蔵 件 / 60

内容説明・目次

内容説明

ホテルのベッドで女性と一夜をともにしながら、生まれながらの閉塞状況にあって人間の幸福はいかにして可能なのかを問う、閨房哲学者の特異な思索と対話。支配の序列に組み込まれ行動抑制をしいられながら、ナルシシズムに駆られて〈勲章〉を求め混乱しあうわれわれ人間の愚かしくも哀れな姿を、愛、憎悪、嫉妬、戦争、暴力、所有、支配、等々の問題を通して捉え直そうとする。時としてかたわらの女性と愛の実験を行いながら、夢想的にあるいは哲学的に展開されるラボリの思想的光景が織りなす行動生理学的な愛の考察。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN10438466
  • ISBN
    • 4588021532
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    179p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ