書誌事項

ウマ駆ける古代アジア

川又正智著

(講談社選書メチエ, 11)

講談社, 1994.3

タイトル読み

ウマ カケル コダイ アジア

大学図書館所蔵 件 / 123

注記

参考文献:p245-255

内容説明・目次

内容説明

6000年前、北アジアで人は野生のウマに出会った。草原の民の最高の伴侶となったウマは、騎馬・調教の方法と、馬車の技術とともにユーラシア全域に広まっていく。シュメルの戦車として、スキュタイの騎馬遊牧として、漢の軍馬として…。最新の考古学の発掘成果を駆使し、ウマと人の最古のつながりを探る渾身の書。

目次

  • 第1章 ユーラシア草原のウマとヒト—ウマ利用を開始したウクライナ草原
  • 第2章 車輪と車両の発明—橇から馬車へ
  • 第3章 馬車そして古代戦車の発生—草原とメソポタミアのあいだ
  • 第4章 古代戦車中国へ—殷墟に埋れた馬と車
  • 第5章 騎馬と遊牧と騎兵
  • 第6章 馬と人の社会

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ