巨大都市と漁業集落 : 横浜のウォーターフロント

書誌事項

巨大都市と漁業集落 : 横浜のウォーターフロント

小林照夫著

成山堂書店, 1994.4

改訂

タイトル読み

キョダイ トシ ト ギョギョウ シュウラク : ヨコハマ ノ ウォーターフロント

大学図書館所蔵 件 / 21

内容説明・目次

目次

  • 序章 私的ウォーターフロント変遷史論—歴史にみる東京湾内浦の漁業
  • 第1章 横浜の漁業集落
  • 第2章 横浜の開港と都市計画
  • 第3章 海面官有と漁師の対応
  • 第4章 明治期の漁業法と漁業組合
  • 第5章 明治期の横浜と港
  • 第6章 大正期の横浜の沿岸域—漁業生産論的視点を前提に
  • 第7章 関東大震災後の横浜
  • 第8章 第2次世界大戦と横浜の海
  • 第9章 終戦直後の横浜—安らぎを覚えた海
  • 第10章 高度経済成長期の横浜
  • 第11章 ウォーターフロントの開発と漁業補償問題
  • 終章 都市社会と漁業集落—ウォーターフロント・その開発と保全

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ