日本の革命

著者

    • 長谷川, 慶太郎 ハセガワ, ケイタロウ

書誌事項

日本の革命

長谷川慶太郎著

(文春文庫)

文芸春秋, 1989.10

タイトル読み

ニホン ノ カクメイ

大学図書館所蔵 件 / 8

内容説明・目次

内容説明

日本経済を取りまく国際環境は厳しいとはいえ、これからも発展を続ける可能性を十分に持っている。しかし戦前からの行政上の制度をはじめ、数々の制約があって、経済の発展を押えているのが現状である。いまや革命的ともいえる制度の改革と規制の緩和が必要であり、全面的な自由化こそが、日本経済にさらなる繁栄をもたらす。

目次

  • 1 日本には革命が必要だ(経済と政治のずれ;制度改革を求める国際圧力;保護政策の逆効果)
  • 2 始まっている革命(民間企業は前進する;「投機の時代」が到来した;消滅する既得権;「企業内革命」は止まらない)
  • 3 世界の大勢が変わった(戦争と革命の時代は終わった;自由化政策の勝利;情報化社会と自由;制度改革)
  • 4 日本の革命がもたらすもの(制度改革はどうすすむか;意識の変革;民族主義対国際主義;近未来の日本)
  • 5 革命は成功する(大勢の持つ力;「保守」が革命を推進する不思議;急速に変化する国民の意識)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN11000121
  • ISBN
    • 4167515016
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    221p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ