中東ハンパが日本を滅ぼす : アラブは要るが、アブラは要らぬ

書誌事項

中東ハンパが日本を滅ぼす : アラブは要るが、アブラは要らぬ

五十嵐一著

(Tokuma books)

徳間書店, 1991.5

タイトル読み

チュウトウ ハンパ ガ ニホン オ ホロボス : アラブ ワ イル ガ アブラ ワ イラヌ

大学図書館所蔵 件 / 5

内容説明・目次

内容説明

目を醒まして、しっかり世界を見つめて下さい。アメリカはホントに“正義の味方”スーパーマンだったのか?日本は、土下座外交までして「油乞い」をする必要があったのだろうか?そもそも日本は、石油の大口の購買者であって、石油の生産、価格維持に大貢献してきた。さらには世界経済の安定と平和に協力してきた。中東、欧米の汚れた手に加担して、自衛隊「派遣」や資金援助などする必要があったのか?日本が本来なすべきことは何だったのか?

目次

  • 第1章 フレーム・アップ湾岸戦争—「正義」VS「大義」の背後を読む
  • 第2章 アブラは要らぬ—間違いだらけのフィクション『油断!』
  • 第3章 アブラ・カダブラはもう沢山—騎馬の儒教に学ぶこと
  • 第4章 「日本丸」のゆくえ—湾岸戦争を越えて
  • あとがきにかえて 亡びるのは誰?

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN11114459
  • ISBN
    • 4195045525
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    212p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ