戦後まんがの表現空間 : 記号的身体の呪縛

書誌事項

戦後まんがの表現空間 : 記号的身体の呪縛

大塚英志著

法藏館, 1994.7

タイトル読み

センゴ マンガ ノ ヒョウゲン クウカン : キゴウテキ シンタイ ノ ジュバク

大学図書館所蔵 件 / 143

内容説明・目次

内容説明

手塚治虫、つげ義春からポルノコミック、朝日新聞、ファミコンソフトまで日本を超えてアジアからヨーロッパへと、自閉しながら世界を覆う戦後最大のメディアと、それをとりまくさまざまなタブーを、初めて真正面から論じる。

目次

  • 1 記号的身体の呪縛
  • 2 性的コミックという枠組
  • 3 内面の発見と喪失
  • 4 まんがは「内面」を描けるか
  • 5 「有害コミック騒動」と戦後民主主義という装置
  • 6 誰に表現の自由があるのか
  • 7 技術としての物語
  • 8 コミックのビニールパック批判
  • 9 まんがの無国籍性をめぐって
  • 10 双子物語論
  • 時評(事件としてのまんが;「解説」されるまんが;流行するまんが;少年ジャンプの定点観測)
  • 終章 戦後まんがの表現空間

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ