書誌事項

ウィトゲンシュタイン : その生涯と思索

クリスティアンヌ・ショヴィレ著 ; 野崎次郎, 中川雄一訳

国文社, 1994.7

タイトル別名

Ludwig Wittgenstein

タイトル読み

ウィトゲンシュタイン : ソノ ショウガイ ト シサク

大学図書館所蔵 件 / 103

注記

書誌: p378〜386

略年譜: p387〜391

ウイトゲンシュタインの肖像あり

内容説明・目次

目次

  • 非凡な少年期
  • 「論理の地獄」
  • 戦争と平和
  • 沈黙への権利
  • 「インテリ」と称する連中は「屈辱を受け傷つけられたと称する連中」のどこに救いを見出そうというのか
  • 「倫理と美学はひとつである」
  • ケンブリッジに戻る
  • 「哲学の全雲塊が文法の一滴へと凝縮する」
  • 数学的散文
  • 「意義は相貌」
  • 哲学の没落、没落の哲学
  • 理論に抗する哲学
  • 時流に逆行する同時代人
  • 干し葡萄—エクリチュールの倫理

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ