ロミオ・エラー : 死の構造と生命体

書誌事項

ロミオ・エラー : 死の構造と生命体

ライアル・ワトソン著 ; 内田美恵訳

(ちくま文庫)

筑摩書房, 1994.6

タイトル読み

ロミオ エラー : シ ノ コウゾウ ト セイメイタイ

大学図書館所蔵 件 / 25

注記

OR:The biology of death

参考文献:巻末p1〜24

内容説明・目次

内容説明

悲劇『ロミオとジュリエット』で、仮死状態のジュリエットを死んだと“見誤った”ロミオは、後を追う—生命科学者ワトソンは、“死と生の境界の曖昧さ”を実証しつつ、生命体にとっての“死の本質”を構造的に明らかにする。さらに“死の辺縁(ソフトエッヂ)”の多くの謎に迫り、死後生存と再生の可能性に挑む、スリリングなライフサイエンス・ファンタジー。

目次

  • 第1部 肉体(生命と死の起点;病いとしての死;死にいたる過程)
  • 第2部 精神(アイデンティティーの行方;体外離脱への生物学的アプローチ;肉体と精神の分離)
  • 第3部 霊魂(肉体と分離した人格;死後生存と再生の可能性)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN11282216
  • ISBN
    • 4480028722
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    244,24p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ