性の猟奇モダン : 日本変態研究往来

書誌事項

性の猟奇モダン : 日本変態研究往来

秋田昌美著

青弓社, 1994.9

タイトル読み

セイ ノ リョウキ モダン : ニホン ヘンタイ ケンキュウ オウライ

大学図書館所蔵 件 / 24

内容説明・目次

内容説明

大正末期から昭和初年にかけて到来した「エロ・グロ・ナンセンス」の時代。次々に発刊された変態雑誌と、梅原北明、中村古峡、斎藤昌三、酒井潔など日本性学の泰斗を照射し、その眼差しのありかを検証する猟奇モダン時代の性メディア史。

目次

  • 1 変態研究の夜明け—中村古峡と変態心理
  • 2 梅原北明とグロテスク流行—モダン・エロティシズムのパイオニア
  • 3 グロテスク党の闘士たち—斎藤昌三と酒井潔
  • 4 昭和猟奇モダン時代—『現代猟奇尖端図鑑』
  • 5 モダン女体美時代—モダン・ガールの身体
  • 6 犯罪科学と猟奇刑罰芸能の世界—『近代犯罪科学全集』と伊藤晴雨
  • 7 変態心理と女性—昭和初期の女性観と犯罪心理学
  • 8 性管理と夫婦論の戦後—夫婦生活と性メディア

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN11418704
  • ISBN
    • 4787230875
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    204p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ