ドーヴァー海峡 : 歴史紀行

書誌事項

ドーヴァー海峡 : 歴史紀行

東潔著

振学出版 , 星雲社 (発売), 1994.7

タイトル別名

Straight of douver

タイトル読み

ドーヴァー カイキョウ : レキシ キコウ

大学図書館所蔵 件 / 16

内容説明・目次

内容説明

イギリスとフランスは中世において百年戦争を繰り広げ、近代に入っては世界の覇権をめぐって死闘を展開した。両国を隔てるドーヴァー海峡は人が泳いで渡れる“狭い海”(The narrow sea)だが、「大西洋よりも広い」(ドゴール)といわれた“怨讐の海”でもあった。英仏両国ノルマン・コンクェストからノルマンディー作戦まで、この“狭い海”を往来した歴史を紀行する。

目次

  • 序章 海峡王国の誕生
  • 第1章 恩讐の海—ブルターニュ
  • 第2章 戦争の海—ノルマンディー
  • 第3章 謀略の海—ノルマンディー
  • 第4章 覇権の海—ロンドン
  • 第5章 運命の海—ドーヴァー

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ