書誌事項

マタイ受難曲

礒山雅著

東京書籍, 1994.10

タイトル別名

Matthäus-Passion : Johann Sebastian Bach

タイトル読み

マタイ ジュナンキョク

大学図書館所蔵 件 / 158

注記

ヨーハン・セバスティアン・バッハの肖像あり

文献目録: 巻末p40-46

6刷(2001.5)の頁付: 492p

6刷のp488に付記を追加

9刷 (2008.2)の頁付: 492p. 補遺あり (p.488-490. 補遺1: 「本書を出版後2000年までに国内発売された全曲盤」, 補遺2: 「2000-07年に国内発売された全曲版と, 07年末時点で入手できるDVD」)

内容説明・目次

内容説明

イエスに寄せるいたましい思い、内なる罪への悔俊—。バッハの音楽の襞へと分け入る、画期的な作品研究。

目次

  • 序論(受難と受難曲の歴史—バッハまで;《マタイ受難曲》の資料と作曲年代;ピカンダーによる自由詩 ほか)
  • 本論(花婿が、小羊のように—冒頭合唱曲の世界〈第1曲〉;受難の預言〈第2曲—第4曲b〉;香油を注ぐ女〈第4曲c—第6曲〉 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ