書誌事項

移植免疫の最前線

磯部光章編

(Newメディカルサイエンス, 24)

羊土社, 1994.12

タイトル読み

イショク メンエキ ノ サイゼンセン

大学図書館所蔵 件 / 70

内容説明・目次

内容説明

つきまとうドナーとレシピエント間の拒絶反応を、他の免疫機能を損なうことなく排除する、という大きな使命を背負っている拒絶と寛容の分子機序から具体的な免疫抑制療法までを、将来への展望を交えながら最新の知見をわかりやすく解説した。

目次

  • 第1章 拒絶と寛容の分子機序(異種拒絶とその分子機序;免疫寛容の分子機序 ほか)
  • 第2章 免疫抑制療法(腎移植と拒絶反応と免疫抑制;肝臓の拒絶反応と免疫抑制 ほか)
  • 第3章 遺伝子工学を用いた拒絶反応の制御—将来への展望(MHC遺伝子導入による移植免疫寛容の誘導;補体活性化の制御による異種拒絶の抑制 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ