書誌事項

漢詩と日本人

村上哲見著

(講談社選書メチエ, 33)

講談社, 1994.12

タイトル読み

カンシ ト ニホンジン

大学図書館所蔵 件 / 140

注記

参考文献:p257-259

内容説明・目次

内容説明

『白氏文集』も『和漢朗詠集』も、写本で読むしかない時代、中国の詩は、ひとにぎりの宮廷貴族のものであった。木版印刷による空前のロングセラー、『唐詩選』、『三体詩』は、読者階層を庶民大衆へと大きく広げ、その影響は、俳諧、川柳から都々逸にまで及ぶ。わが国の古典と化した漢詩の、豊かな味わいとつきない魅力を語り、日本人との千年以上にわたる深いかかわりを丹念に跡づける労作。

目次

  • 漱石と漢詩
  • 阿倍仲麻呂と唐の詩人たち
  • 平安朝の文人と漢詩
  • 『三体詩』の話
  • 『唐詩選』の話
  • 都々逸と漢詩

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN11823564
  • ISBN
    • 4062580330
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    269p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ