サンカと説教強盗 : 闇と漂泊の民俗史

書誌事項

サンカと説教強盗 : 闇と漂泊の民俗史

礫川全次著

批評社, 1994.12

増補版

タイトル読み

サンカ ト セッキョウ ゴウトウ : ヤミ ト ヒョウハク ノ ミンゾクシ

大学図書館所蔵 件 / 27

内容説明・目次

内容説明

大正末期から昭和初期に「帝都」を震撼させた説教強盗。事件の背後に見え隠れするサンカ(山窩)。事件の全貌を克明に調べ上げ、実像と虚像が同居し、原像までが交錯するサンカ=説教強盗の真相に肉迫する。資料篇を新たに加え、サンカ論をさらに充実した増補版。

目次

  • 説教強盗とは
  • 説教強盗事件の地理
  • 翻弄された捜査陣
  • 説教強盗捕縛さる
  • 新聞記者三角寛の挑戦
  • 説教強盗「山窩」説
  • 「山窩」の虚像と実像〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN11880987
  • ISBN
    • 482650182X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    255p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ