死者たちの回廊 : よみがえる「死の舞踏」

書誌事項

死者たちの回廊 : よみがえる「死の舞踏」

小池寿子著

(平凡社ライブラリー, 82)

平凡社, 1994.12

タイトル読み

シシャタチ ノ カイロウ : ヨミガエル シ ノ ブトウ

大学図書館所蔵 件 / 71

注記

福武書店 1990年刊の再刊

参考文献: p233〜242

内容説明・目次

内容説明

うち続く戦乱、猖獗する黒死病、終末と新生の予感…。特異な死のイメージの起源と伝播を尋ねる旅は、黄昏の中世ヨーロッパとのはるかな時を隔てた対話、瑞々しい感性と大きな構想力を具えた歴史紀行の佳作。

目次

  • 第1章 「死の舞踏」への旅
  • 第2章 クルゾーネの死
  • 第3章 死の伝播
  • 第4章 南欧の死
  • 第5章 死にゆく人々
  • 第6章 マルシャンの木版本
  • 第7章 マカブレを追って

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ