アンナプルナ登頂

著者

書誌事項

アンナプルナ登頂

モーリス・エルゾーグ作 ; 近藤等訳

(岩波少年文庫, 3054)

岩波書店, 1990.4

第19刷改版

タイトル読み

アンナプルナ トウチョウ

大学図書館所蔵 件 / 10

内容説明・目次

内容説明

1950年、アンナプルナ。正確な地図もなく、モンスーンの襲来目前というきわめて困難な条件のもとで、フランス遠征隊は必死の努力をつづけ、ついに8000メートル峰の初登頂に成功した。—隊長エルゾーグは凍勝のため手足の指を失ったが、彼の記したこの冒険物語は、人びとの勇気と友情や、山への痛切な思いにあふれ、深い感銘を与える。中学以上。

目次

  • ヒマラヤの高い谷間で
  • 最初の接触
  • ダウラギリをめぐって
  • 凍結した大きな湖
  • 作戦会議
  • 北西岩稜の偵察
  • アンナプルナ
  • 日に500メートル
  • ラシュナルとザイルを組んで
  • 最初の8000メートル峰
  • クレヴァス
  • なだれ
  • 撤退
  • レテの森
  • 稲田の中の行列
  • 他のアンナプルナがある

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN12010288
  • ISBN
    • 4001130548
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    318p
  • 大きさ
    18cm
  • 親書誌ID
ページトップへ