シュミット夫人たちの戦争 : 第二次世界大戦下のドイツ女性

著者

    • Townsend, Colin
    • Townsend, Eileen
    • グループ・サイファー グループ サイファー

書誌事項

シュミット夫人たちの戦争 : 第二次世界大戦下のドイツ女性

コリン・タウンゼンド, アイリーン・タウンゼンド編 ; グループ・サイファー訳

近代文藝社, 1995.3

タイトル別名

War wives : a Second World War anthology

スミス夫人たちの戦争 : 第二次大戦下のイギリス女性

タイトル読み

シュミット フジンタチ ノ センソウ : ダイニジ セカイ タイセンカ ノ ドイツ ジョセイ

大学図書館所蔵 件 / 42

注記

参考文献: p259-260. 訳注参考文献: p253-254. 年表参考文献: p268

年表: p263-268

原著 (London : Grafton Books, 1989) のうちドイツ女性の部分のみを訳出. イギリス女性の部分については『スミス夫人たちの戦争 : 第二次大戦下のイギリス女性』(近代文藝社, 1993年刊) として翻訳, 出版されている

内容説明・目次

内容説明

「戦争が何もかも奪っていきました」敗戦国ドイツの無名の女性たちが語る第二次世界大戦。空襲の恐怖・飢え・逃避行・家族との別離など今なお、世界の各地で繰り返される戦争の悲劇。戦後50年の今、自信をもって送る反戦の書。

目次

  • 「家が燃えている」
  • 「母は腕で目を覆いました」
  • 「神様は娘を天使として天国に召された」
  • 「戦争が何もかも奪っていきました」
  • 「ご近所の皆さんの多くに二度と会えなくなりました」
  • 「自分を守れ、今は自分だけが頼り」
  • 「私は土間で出産した」
  • 「あんたたちはとんでもない盗人どもなんだから」
  • 「よく見ておきなさい。もう彼には会えないのだから」
  • 「言葉も出ず、出るのは涙ばかりでした」〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ