書誌事項

焼物の謎に迫る

黒田永二著

(ポピュラーサイエンス)

裳華房, 1995.4

タイトル読み

ヤキモノ ノ ナゾ ニ セマル

大学図書館所蔵 件 / 159

注記

参考資料: p169

内容説明・目次

内容説明

焼物は素材のままではなくて、原材料に技術的な手段を加えてゆく間に、人の手の届かない工程をも経なければ完成した作品にならない。原材料の品質ばかりでなく、その後の製造技術にも大いに左右される。芸術的表現に対する才能に加え、化学的な能力も要求されることになるから、そこに焼物を神秘化する要素があるようだ。この本では、製造技術を専攻してきた立場から気付いた問題で、場合によっては神秘化されている事柄にも迫ってみた。

目次

  • 第1章 焼物と人間生活とのかかわりあい
  • 第2章 焼物の色とは
  • 第3章 ゆらめく炎を通して焼物を見ると
  • 第4章 窯変の謎
  • 第5章 焼物の将来はどうなる

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN12404170
  • ISBN
    • 4785386223
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 175p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ