書誌事項

社会学的想像力

ミルズ著 ; 鈴木広訳

紀伊國屋書店, 1995.4

  • : 新装版

タイトル別名

The sociological imagination

タイトル読み

シャカイガクテキ ソウゾウリョク

大学図書館所蔵 件 / 193

注記

原著(New York, Oxford University Press, 1959)の全訳

著者の肖像あり

文献: 解説末(p312-314)

事項索引・人名索引: 巻末

内容説明・目次

内容説明

本書は、現代アメリカ社会学で異彩を放ち、ラディカル社会学の先駆をなしたミルズの代表作のひとつである。マルクスとウェーバー、フロイトとミードを綜合するという社会学理論の構想に集中していたミルズは、本書において社会学の主要な潮流の徹底批判とともにたくましい構想力でもって、これからの社会学のあり方を追求する。

目次

  • 第1章 約束
  • 第2章 誇大理論(グランド・セオリー)
  • 第3章 抽象化された経験主義
  • 第4章 さまざまな実用主義
  • 第5章 官僚のエートス
  • 第6章 科学哲学
  • 第7章 人間の多様性
  • 第8章 歴史の効用
  • 第9章 理性と自由について
  • 第10章 政治について

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN12407204
  • ISBN
    • 4314007036
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ii, 324p, 図版 [1] 枚
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ