江戸の経済システム : 米と貨幣の覇権争い

書誌事項

江戸の経済システム : 米と貨幣の覇権争い

鈴木浩三著

日本経済新聞社, 1995.7

タイトル読み

エド ノ ケイザイ システム : コメ ト カヘイ ノ ハケン アラソイ

大学図書館所蔵 件 / 143

注記

文献: p245〜247

内容説明・目次

内容説明

江戸時代の為替ディーラー・両替商。業界団体の元祖・問屋株仲間・裕福だった八丁堀の同心。意外性に満ちたエピソードを交えて描く、徳川300年の経済興亡史。

目次

  • 第1部 江戸時代の経済システム(江戸経済の常識・非常識;お茶は銀で販売—金・銀・銭三貨の世界;江戸のケインズ政策;貧乏同心は存在しない—幕府の行政機構 ほか)
  • 第2部 江戸経済の軌跡(幕府を強化した鎖国政策—国内の体制固め;海運網の発達と抜荷の横行;大名はなぜ没落したか;焼け石に水だった享保の改革 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ