「ライ麦畑」に出会った日

書誌事項

「ライ麦畑」に出会った日

川島誠〔ほか〕著

サンドケー出版局, 1995.8

タイトル読み

ライムギバタケ ニ デアッタ ヒ

大学図書館所蔵 件 / 30

内容説明・目次

目次

  • 「ライ麦畑」をつかまえてしまったあとで(川島誠)
  • 幸福は温かい銃(ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン)(島村洋子)
  • 「ライ麦畑」は抑圧された過去をほじくる悪書である(横森理香)
  • 『ライ麦畑でつかまえて』は女に媚びて媚びて媚びまくってる小説である(永尾カルビ)
  • 十七歳のライ麦畑(吉元由美)
  • フィービーは男の心を癒す女神のようにイイ女である(水島裕子)
  • 典型的神経症アクエリアンとしての主人公の症例(小田島久恵)
  • ア・デイ・イン・ザ・ライフ(山川直人)
  • 『ライ麦畑でつかまえて〈長い長い言い訳の物語〉』(蔦森樹)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ