アメリカ海兵隊 : 非営利型組織の自己革新

書誌事項

アメリカ海兵隊 : 非営利型組織の自己革新

野中郁次郎著

(中公新書, 1272)

中央公論社, 1995.11

タイトル読み

アメリカ カイヘイタイ : ヒエイリガタ ソシキ ノ ジコ カクシン

大学図書館所蔵 件 / 279

注記

14版の出版者(名称変更): 中央公論新社

文献: p209-212

内容説明・目次

内容説明

1775年に英国を模して創設されたアメリカ合衆国海兵隊は、独立戦争以来、2度の世界大戦、朝鮮・ベトナム・湾岸戦争などで重要な任務を遂行し、遂にはアメリカの国家意志を示威するエリート集団へと成長した。はじめは海軍内でとるに足りなかったならず者たちが自らの存立を懸けて新たな戦術を考案し、組織の自己革新をなしとげたのである。本書は、その戦績をたどりながら、「最強組織」とは何なのかを分析する試みである。

目次

  • 第1章 存在の危機
  • 第2章 新たな使命の創造—水陸両用作戦
  • 第3章 教義の実践—南太平洋方面作戦
  • 第4章 教義の革新—中部太平洋方面作戦
  • 第5章 革新への挑戦—水陸両用作戦を超えて
  • 第6章 組織論的考察—自己革新組織

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ