書誌事項

ピエール・リヴィエールの犯罪 : 狂気と理性

ミシェル・フーコー編 ; 岸田秀, 久米博訳

(河出・現代の名著)

河出書房新社, 1995.9

改訂版新装

タイトル別名

Moi,Pierre Rivière,ayant égorgé ma mère,ma sœur et mon frère…

タイトル読み

ピエール リヴィエール ノ ハンザイ : キョウキ ト リセイ

大学図書館所蔵 件 / 88

注記

Moi,Pierre Rivière,ayant égorgé ma mère,ma sœur et mon frère….の翻訳

内容説明・目次

内容説明

狂気と言説の深淵を掘り下げた実践の書。言語表現において理性と狂気は排除しあうか、それとも共に包括されてしまうか。ある尊属殺人事件の訴訟記録を通じてこの問題を追求する。

目次

  • 1 訴訟記録(犯行と逮捕;予審;手記;法医学的鑑定書;裁判;牢獄と死)
  • 2 論評(動物、気違い、死;物語られる殺人;減軽情状;弑逆罪=尊属殺人罪;ピエール・リヴィエールの複数の伝記;医師と裁判官;理性の間歇)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ