大世紀末 concept note(コンセプト・ノート)

書誌事項

大世紀末 concept note(コンセプト・ノート)

坂井直樹著

東急エージェンシー出版部, 1996.4

タイトル別名

大世紀末コンセプト・ノート

タイトル読み

ダイセイキマツ コンセプト ノート

大学図書館所蔵 件 / 5

内容説明・目次

内容説明

1000年に1度だけの大世紀末…ヒットする商品開発のためのトレンドを、名コンセプターである著者が、透視する。

目次

  • ゲームオタクが日本を救う—ゲーム・マーケットの蕩尽的生産性
  • “マルチメディア”への期待はウソっぽい—大世紀末の鉄腕アトム
  • シェア至上主義がデザインをつまらなくした—もうひとつのカルト社会
  • そろそろ日本のコードを発見しなくていいのだろうか—オリジナリティ再考
  • 「一二七年間の西洋史」の溝はユークリッド幾何学では埋められない—日本のカロッツェリア
  • デジタル化がエンターテイメント業界の“際”を破壊する—Beyond The D.N.L.
  • 「僕はどう生きればよいのでしょうか」—動機不在社会への後退
  • もっともっと感じてほしい—質感、快感、美感、球感
  • ミリタリー・パラダイムがようやく終わる—共生型競争
  • アジアはいま、日本のモノサシを超えている—ショートカット成長〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14071308
  • ISBN
    • 4884970470
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    221p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ