内発的発展論の展開

書誌事項

内発的発展論の展開

鶴見和子著

筑摩書房, 1996.3

タイトル読み

ナイハツテキ ハッテンロン ノ テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 280

注記

初出一覧: p317-318

内容説明・目次

内容説明

それぞれの文化の伝統と生態系に根ざした、多様な発展としての内発的発展論を、国際的視野・学際的考察から追究、構築する画期的な研究書。社会学の基本図書。

目次

  • 第1部 原型理論(内発的発展論へむけて;内発的発展論の系譜;内発的発展論の原型—費孝通と柳田国男の比較;内発的発展と模式論)
  • 第2部 事例研究(水俣病多発部落の構造変化と人間群像—自然破壊から内発的発展へ;アジアにおける内発的発展の多様な発現形態—タイ・日本・中国の事例;中国農民企業家にみられるキー・パースン;ヴァヌアツの印象—内発的発展の可能性について考える)
  • 第3部 アニミズム・エコロジー(アニミズムと科学;エコロジーの世界観)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14201050
  • ISBN
    • 448085732X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    318, xivp
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ