イギリス資本輸出と帝国経済 : 金本位制下の世界システム

書誌事項

イギリス資本輸出と帝国経済 : 金本位制下の世界システム

尾上修悟著

(MINERVA現代経済学叢書, 6)

ミネルヴァ書房, 1996.4

タイトル読み

イギリス シホン ユシュツ ト テイコク ケイザイ : キンホンイセイカ ノ セカイ システム

大学図書館所蔵 件 / 172

注記

参考文献: p223-228

初出: 「まえがき」に記載

内容説明・目次

内容説明

国際金本位制下において、中心部の核であったイギリスと周辺部のイギリス植民地との間で、一つの有機的な関係に基づく世界システムが形成されると同時に、19世紀末を境にその内実は変容していく。本書では、このような資本輸出によっていかなる国際決済構造をもつにいたったか、そしてイギリス植民地がイギリスからの資本輸入によって国際収支の調整負担を強いられ、さらには多角的な国際決済を展開する全体構造が、独自の視点で追究される。

目次

  • 序章 課題と方法
  • 第1章 イギリスの国際収支構造と資本輸出
  • 第2章 イギリスの資本輸出と国際収支調整過程
  • 第3章 イギリスの資本輸出と国際移民
  • 第4章 オーストラリアの資本輸入と国際収支調整問題
  • 第5章 カナダの資本輸入と国際収支調整問題
  • 第6章 オーストラリアの資本輸入と多角的決済
  • 第7章 カナダの資本輸入と多角的決済

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ