大新聞社 : その人脈・金脈の研究 : 日本のパワー・エリートの系譜

書誌事項

大新聞社 : その人脈・金脈の研究 : 日本のパワー・エリートの系譜

駄場裕司著

はまの出版, 1996.4

タイトル別名

大新聞社 : その人脈金脈の研究 : 日本のパワーエリートの系譜

タイトル読み

ダイシンブンシャ : ソノ ジンミャク キンミャク ノ ケンキュウ : ニホン ノ パワー エリート ノ ケイフ

大学図書館所蔵 件 / 54

注記

本文中の「注」: p284-316

文献目録: p317-334

内容説明・目次

内容説明

日本のマスメディアの頂点に立つ朝日は、創刊当初から「三井」とつながり、毎日は「三菱」とつながっていた。朝日はそれをテコに権力者集団の中枢に食い込んでいく。とくに、戦前から戦中にかけて朝日の“スター”だった緒方竹虎は右翼との人脈を背景に政界と深く関わりを持つようになり、小磯、東久邇両内閣の閣僚になったのをはじめ、戦後政治のメルクマールである保守合同による「55年体制」を築き上げた。しかし、そうした中で決定的に欠けていたのが、新聞人にとっての生命ともいえる言論であったのは、なんとも皮肉である。なぜ、いつまでたっても日本の政治が成熟しないのか。また、朝日をはじめとする日本の大新聞社は、一貫して戦争責任をうやむやにしようとしてきたが、それを見過ごしてきたのはいったい誰なのか。新進気鋭の研究者が膨大な資料を駆使して書き上げた本書は、そうした根源的な問いかけに対する答えでもあろう。

目次

  • 序—全国紙、とくに朝日新聞と権力者との関係をさぐる
  • 第1章 朝日、毎日の誕生と競争
  • 第2章 朝日の内紛と白虹事件
  • 第3章 緒方竹虎の朝日中枢への登場
  • 第4章 朝日、毎日カルテルの強化と正力松太郎=読売の参入
  • 第5章 満州事変と朝日、毎日
  • 第6章 1930年代から敗戦直後までの権力者集団と朝日
  • 第7章 毎日の「開戦スクープ」と千葉雄次郎の強弁

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14278678
  • ISBN
    • 4893612069
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    334p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ