発展過程をとらえたエッセンシャル物理化学

著者

書誌事項

発展過程をとらえたエッセンシャル物理化学

秋山三郎, 河原成元共著

(実用理工学入門講座)

日新出版, 1996.4

タイトル別名

エッセンシャル物理化学

物理化学 : エッセンシャル : 発展過程をとらえた

タイトル読み

ハッテン カテイ オ トラエタ エッセンシャル ブツリ カガク

大学図書館所蔵 件 / 37

注記

参考図書: p[109]-110

内容説明・目次

内容説明

本書は大学に入学した自然科学系の学生を対象に、とりわけ理解し難いといわれる「物理化学」の内容を従来の原理、数式中心の解説から脱却して、その成り立ち、発展過程を重んずることにより、出来るだけわかり易く説明し、かつ親しみを与えることを目標としたテキスト。

目次

  • 1 化学とは
  • 2 古代化学史
  • 3 近代化学の成立
  • 4 熱力学・物理化学の成立
  • 5 統計力学
  • 6 量子化学と化学結合
  • 7 高分子科学

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN1433435X
  • ISBN
    • 4817301724
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 140p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ