実用アナログ電子回路設計法 : 演習で修得する設計の実際

書誌事項

実用アナログ電子回路設計法 : 演習で修得する設計の実際

渡辺一雄著

総合電子出版社, 1996.6

タイトル読み

ジツヨウ アナログ デンシ カイロ セッケイホウ : エンシュウ デ シュウトク スル セッケイ ノ ジッサイ

大学図書館所蔵 件 / 69

内容説明・目次

内容説明

本書は、誰でもアナログIC回路設計技術のこつやアプローチ方法を理解・習得し、この理論と実務のギャップを埋めてもらえるように工夫した。

目次

  • 0章 本書の目的と構成内容
  • 1章 トランジスタ回路の基礎
  • 2章 実際のアナログICでよく使用される要素回路技術
  • 3章 実際のICの設計
  • 4章 低電圧設計法と設計留意点
  • 5章 低雑音設計法と設計留意点
  • 6章 高周波回路設計法と設計留意点
  • 7章 PLL(Phase Locked Loop)の設計方法

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14844527
  • ISBN
    • 4915449831
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    4, 207p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ