書誌事項

情報基礎

浅見匡編著

(中学校「情報基礎」シリーズ, 2)

明治図書出版, 1995.12

  • 中級編

タイトル読み

ジョウホウ キソ

大学図書館所蔵 件 / 6

内容説明・目次

内容説明

本書は、次の視点で構成されている。コンピュータにかかわる事項の理解については、現職の先生方が教育を受けてきた過程で経験しなかったことである。したがって、コンピュータの及ぼす影響が人間の生活様式だけでなく、考え方や価値観に及ぼしつつある現状を理解するための内容で構成している。多くの提言等では、学校教育において、「情報活用能力」の育成に重点を置いた指導を期待している。したがって、「情報基礎」での取り上げ方を中心としながら、各教科等でも活用できる内容で構成している。本書の利用の仕方としては、最初から順次取り上げるのではなく、必要な箇所から取り上げられるように、独立した事項で構成している。「コンピュータ用語」については、「よく使うコンピュータ用語」として、研修会等で比較的多く出ているものを取り上げ、巻末にまとめた。

目次

  • 1 学校における「情報教育」
  • 2 ちょっと進んだ「情報基礎」の指導
  • 3 LANを導入した「情報基礎」の指導
  • 4 「情報基礎」と他領域との関連
  • 5 他教科との関連と指導計画例
  • 6 選択教科としての「情報基礎」の指導内容
  • 7 もう少しコンピュータを深く知ろう
  • 8 著作権と情報モラルについて考えよう
  • 9 次のコンピュータを購入するとしたら
  • 10 現代の「情報基礎」教育の在り方
  • 11 情報基礎とマルチメディア

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ