知の果てへの旅 : 思想と文学の現在

書誌事項

知の果てへの旅 : 思想と文学の現在

コリン・ウィルソン著 ; 関口篤訳

青土社, 1996.10

タイトル別名

Existentially speaking and six more essays

タイトル読み

チ ノ ハテ エノ タビ : シソウ ト ブンガク ノ ゲンザイ

大学図書館所蔵 件 / 78

内容説明・目次

内容説明

現代思想の扉を開いたフッサールの現象学。その上に展開したハイデガー、サルトルらの実存思想。その伏流水となったムージル、マルロー、カミュらの文学。また、レヴィ=ストロースやフーコーの構造主義。デリダ、ドゥルーズのポスト構造主義。そしてまた、それらとは全く別な展開をたどったホワイトヘッド、W・ルイス、イシャーウッド、ケストラーなど、英米の文学・思想圏を重ね合わせて、二十世紀の人類の思想的営為を犀利に解剖。

目次

  • フランス哲学展望
  • フッサールと進化
  • マルロー、サルトル、カミュ—実存主義の行方
  • 忘れられた傑作—ホワイトヘッド『記号論』
  • ミシェル・フーコー、曖昧の権化
  • フランス的思弁の行方—フーコー批判
  • デリダ論—息子ロワンの理解のために
  • デリダを脱構築する
  • SFと実存主義—個人的思い入れ
  • 現代人を抉る—ムージル『特性のない男』論
  • ムージルを読む快楽
  • 才能は屈折する—ウィンダム・ルイス論
  • 文学の正統—クリストファー・イシャウッド論
  • アーサー・ケストラーの大いなる選択

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN15117903
  • ISBN
    • 4791754867
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    333p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ