書誌事項

太祖瑩山禅師

東隆真著

国書刊行会, 1996.9

タイトル読み

タイソ ケイザン ゼンジ

大学図書館所蔵 件 / 10

注記

瑩山禅師年譜:p801〜814

内容説明・目次

内容説明

瑩山禅師は大本山総持寺の開山第一祖であり、高祖道元禅師とならぶ曹洞宗の太祖の地位にある大祖師である。しかしながら、その実像、また、道元禅師から瑩山禅師へ、なにが、どのように継承され、展開されてきたのか、その歴史的経緯や宗教的内実は、実はこれまで明らかにされてこなかったと言っても過言ではない。本書は、こうした点をふまえつつ、瑩山禅師の真実を総合的な観点から把握しようと試みた。

目次

  • 道元禅師と明智優婆夷をめぐって
  • 悲母・懐観大姉
  • 越前の国・多禰の観音
  • 鳩婆羅樹の神、白山の氏子
  • 徹通義介禅師
  • 孤雲懐奘禅師
  • 永平寺僧団とその周辺
  • 達磨宗について
  • 寂円禅師
  • 修行の遍歴について〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN15244911
  • ISBN
    • 4336038694
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x,819,xxivp
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ