音のなんでも小事典 : 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで

書誌事項

音のなんでも小事典 : 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで

日本音響学会編

(ブルーバックス, B-1150)

講談社, 1996.12

タイトル読み

オト ノ ナンデモ ショウジテン : ノウ ガ オト オ キク シクミ カラ チョウオンパ ケンビキョウ マデ

大学図書館所蔵 件 / 399

注記

執筆者: 東倉洋一ほか

参考文献: p324-325

内容説明・目次

内容説明

あまりに身近すぎて普段は意識しないが、音には、ふしぎな性質、意外な使い道がたくさんある。たとえば、邪魔な騒音は音で消し、水中では画像も音で運ぶ。コンサートホールは建築音響技術の粋。超指向性マイクロホンでマウンド上の投手と捕手の密談を聴き、雑踏の中の人には音のスポットライトで語りかける。微小世界を覗いたり、体の中をみたりすることもできる。さらに、外国語上達法や、音色の心理学、絶対音感や赤ちゃんが聞いている音の話など、音に関連する心理や生理までも追究し、あらゆる角度から徹底解説する。

目次

  • 第1章 一歩すすんだ音の知識
  • 第2章 音声の科学
  • 第3章 音楽の科学
  • 第4章 身のまわりの音技術
  • 第5章 音の技術の最先端
  • 理解を深めるための最終章 音ってなんだ?(音の物理;音の生理・心理;声とことば)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN15660574
  • ISBN
    • 4062571501
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    325, 9p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ