三味線放浪記

著者

書誌事項

三味線放浪記

山入端つる著

ニライ社 , 新日本教育図書(発売), 1996.12

タイトル読み

シャミセン ホウロウキ

大学図書館所蔵 件 / 11

注記

校閲:東恩納寛惇

内容説明・目次

内容説明

家庭の貧困から心ならずも十三歳で辻遊郭に売られた山入端つる。芸を身につけ、そこを出奔。三味線片手に宮古、大阪、奄美、東京など、捨て身で渡った人生行路。常に芸能の神の見守られて沖縄舞踊の地方(じかた)に徹し、その地位向上・発展に心血をそそぐ…。

目次

  • 序 浮草のように
  • 屋部の巻 山原の貧農に生まれて
  • 辻の巻 十三で身売り芸の道へ
  • 放浪の巻 職を転々荒波の渡世
  • 子育ての巻 戦時下に希望を求めて
  • 疎開の巻 にわか百姓奮戦す
  • 芸能保存会の巻 三味線片手に東奔西走
  • 「颱風」の巻 東京砂漠に沖縄の灯ともす
  • 顧みて 大海原に漂う小舟のように

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN1567113X
  • ISBN
    • 4931314244
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    那覇,東京
  • ページ数/冊数
    142p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
ページトップへ