書誌事項

木工挽物

成田壽一郎著

(木工諸職双書 / 成田壽一郎)

理工学社, 1996.11

タイトル読み

モッコウ ヒキモノ

大学図書館所蔵 件 / 54

内容説明・目次

内容説明

本書は、木工轆轤を用いた挽物の世界を解説。轆轤の起源については持論を展開し、筆者の古代轆轤の復元的試作を通して、百万塔が世界最古の大量生産品であることを詳述した。轆轤工人である木地師の伝説には鋭いメスを入れ、現代に受け継がれる製品各種、産地にも言及した労作。

目次

  • 第1章 挽物とは
  • 第2章 日本の旋削技法の流れ
  • 第3章 挽物の始まりについて
  • 第4章 奈良時代の官営工房での挽物
  • 第5章 挽物業の推移
  • 第6章 洋式旋盤の移入
  • 第7章 伝統的工芸品としての挽物
  • 第8章 挽物への関心
  • 第9章 木地師のふるさと永源寺町
  • 第10章 百万塔の復元試作による考察

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN15685757
  • ISBN
    • 4844585711
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    198p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ