田崎 三郎 Tazaki Saburo

ID:1000000036394

愛媛大学 Ehime University (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 194

  • AT-3-3 On the Research of "Signal Processing for Information Storage" by Jack Keil Wolf  [in Japanese]

    Tazaki Saburo

    Proceedings of the IEICE General Conference 2013年_基礎・境界, "SS-37"-"SS-40", 2013-03-05

  • シャノンへの評価と私のかかわり合い  [in Japanese]

    TAZAKI Saburo

    The Journal of the Institute of Electronics, Information, and Communication Engineers 84(12), 867-868, 2001-12-01

  • Heritage of Shannon Theory and Its Future Development  [in Japanese]

    TSUJII Shigeo , 甘利 俊一 , 有本 卓 [他] , 岩垂 好裕 , 笠原 正雄 , 田崎 三郎 , 広田 修 , 植松 友彦

    The Journal of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers 00084(00012), 851-868, 2001-12-01

  • An Experimental Study of QoS Policy-based Networking Depending on User ID Information  [in Japanese]

    HIRAYA Mitsunori , TSUZUKI Shinji , YAMADA Yoshio , TAZAKI Saburo

    異なる目的で運用されているネットワーク間の相互接続・運用において, 各ネットワークをどのように相互利用させるかという方針(ポリシ)に基づいて運用すろことが重要である.本稿では, ユーザ・グループ毎に異なるQoS(Quality-of-Service)を提供するポリシ制御ネットワークの構築方法を検討している.WindowsのActive Directoryと連動して, ユーザIDに基づいて切り替わる …

    IEICE technical report 101(194), 69-73, 2001-07-18

    References (4)

  • An Experimental Study of QoS Policy-based Networking Depending on User ID Information  [in Japanese]

    HIRAYA Mitsunori , TSUZUKI Shinji , YAMADA Yoshio , TAZAKI Saburo

    異なる目的で運用されているネットワーク間の相互接続・運用において, 各ネットワークをどのように相互利用させるかという方針(ポリシ)に基づいて運用すろことが重要である.本稿では, ユーザ・グループ毎に異なるQoS(Quality-of-Service)を提供するポリシ制御ネットワークの構築方法を検討している.WindowsのActive Directoryと連動して, ユーザIDに基づいて切り替わる …

    Technical report of IEICE. RCS 101(196), 69-73, 2001-07-11

    References (4)

  • Past, Present and Future on Recording Coding Techniques  [in Japanese]

    TAZAKI Saburo

    記録システムの一要素としての記録符号と信号処理方式に係わる発展の経緯を、実機との関連に注目して, まず述べる。記録システムの主要機器は明らかにハードディス装置(HDD)であるのでも、流れの中心はHDDに置かれている。さらに、記録符号開発の理論的側面に触れる。最後に、記録符号と信号処理方式の現状と将来見通しについて考察する。

    Technical report of IEICE. ISEC 100(691), 55-63, 2001-03-15

    References (23)

  • Past, Present and Future on Recording Coding Techniques  [in Japanese]

    Tazaki Saburo

    記録システムの一要素としての記録符号と信号処理方式に係わる発展の経緯を、実機との関連に注目して,まず述べる。記録システムの主要機器は明らかにハードディス装置(HDD)であるので,流れの中心はHDDに置かれている。さらに、記録符号開発の理論的側面に触れる。最後に、記録符号と信号処理方式の現状と将来見通しについて考察する。

    Technical report of IEICE. SST 100(693), 55-63, 2001-03-15

  • Past, Present and Future on Recording Coding Techniques  [in Japanese]

    TAZAKI Saburo

    記録システムの一要素としての記録符号と信号処理方式に係わる発展の経緯を、実機との関連に注目して, まず述べる。記録システムの主要機器は明らかにハードディス装置(HDD)であるのでも、流れの中心はHDDに置かれている。さらに、記録符号開発の理論的側面に触れる。最後に、記録符号と信号処理方式の現状と将来見通しについて考察する。

    IEICE technical report. Information theory 100(689), 55-63, 2001-03-15

    References (23)

  • Past, Present and Future on Recording Coding Techniques  [in Japanese]

    Tazaki Saburo

    記録システムの一要素としての記録符号と信号処理方式に係わる発展の経緯を、実機との関連に注目して,まず述べる。記録システムの主要機器は明らかにハードディス装置(HDD)であるので、流れの中心はHDDに置かれている。さらに、記録符号開発の理論的側面に触れる。最後に、記録符号と信号処理方式の現状と将来見通しについて考察する。

    電子情報通信学会技術研究報告 100(695), 55-63, 2001-03-15

  • Data Embedding Method for Disclosing Betrayers in Collusion Attack  [in Japanese]

    MINAMI Noriaki , YAMADA Yoshio , TAZAKI Saburo

    The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 30(1), 2-10, 2001-01-25

    References (5)

  • A Study for Inter-networking Based on a QoS Policy (2)  [in Japanese]

    KOIKE Yasuki , TSUZUKI Shinji , YAMADA Yoshio , TAZAKI Saburo

    異なる目的で運用されているネットワーク間の相互接続・運用において, 各ネットワークをどのように相互利用させるかという方針(ポリシ)を立てることは重要である.本稿では, 相互のネットワーク間で使用するアプリケーションが要求する通信品質(QoS ; Quality-of-Service)に基づき, ネットワーク間を流れるパケットに対する中継処理の優先順位や伝送帯域幅を制御するQoSポリシに基づいたネッ …

    Technical report of IEICE. SSE 100(393), 25-30, 2000-10-26

    References (3)

  • A Note on Signal Processing for Data Embedding Method based on Phase Modulation of Sampling Lattice  [in Japanese]

    MINAMI Noriaki , YAMADA Yoshio , TAZAKI Saburo

    高度情報化社会の進展にともない, マルチメディア情報の著作権保護などを目的とした画像データへの付加情報埋め込み方法がいくつか提案されている.筆者らは既に画像における標本化格子の2次元位相変調の概念に基づく付加情報の埋め込み方式を提案した.本論文では, この方式における符号化信号処理手法について, 静止画符号化 (JPEG) に対する耐性を通して, 復号誤り率の観点から検討を行っている.その結果, …

    The Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 54(8), 1219-1222, 2000-08-20

    J-STAGE  References (9)

  • Improvement of Phase Modulation Based Data Embedding Method for Still Pictures  [in Japanese]

    MINAMI Noriaki , YAMADA Yoshio , TAZAKI Saburo

    The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 29(3), 214-221, 2000-05-25

    References (8)

  • Eassy Image Information Media in 21st Century(2 Image Information Media in 21st Century)(Special Issue The 50th Anniversary of the ITE)  [in Japanese]

    Aoki Tioshiharu , Inose Hiroshi , Uenohara Michiyuki , Utsunomiya Toshio , Enomoto Hajime , Endo Keiji , Ogata Kenji , Kaneko Hisashi , Kimura Etsuro , Kuno Hisao , Saito Tadao , Sakamura Ken , Sawasaki Kenichi , Sawabe Eiichi , Shimomura Naohisa , Shirai Yoshiaki , Takagi Noboru , Takahashi Ryo , Tazaki Saburo , Tanimoto Masayuki , Tamura Hideyuki , Tsukada Keiichi , Terada Hiroaki , Nakatsu Ryohei , Nakamura Yoshiro , Nishizawa Junichi , Nishizawa Taiji , Noguchi Syoichi , Hatori Mitsutoshi , Hayashi Kozo , Hiwatashi Kenji , Fukinuki Takahiko , Mizuno Hiroyuki , Miya Kenichi , Miyahara Makoto , Mushiake Yasuto , Murai Jun , Morita Kiyoshi , Moriwaki Yoshio , Yasuda Yasuhiko

    The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 54(4), 516-526, 2000-04-20

  • 標本化格子の位相変調に基づく情報埋め込みにおける結託攻撃の一検討(1)  [in Japanese]

    南 憲明 , 山田 芳郎 , 田崎 三郎 [他]

    電子情報通信学会技術研究報告 99(414), 9-13, 1999-11-08

  • Notes on collusion attack of phase-modulation based data embedding(1)  [in Japanese]

    MINAMI Noriaki , YAMADA Yoshio , TAZAKI Saburo , INABA Hiroyuki , WAKASUGI Kouichiro , KASAHARA Masao

    筆者らはすでに,標本化格子の位相変調に基づく情報埋め込み方式を提案するとともに,静止画像を対象として検討を行っている.同方式においては,埋め込み(符号化)の際に,埋め込まれるべき情報によって位相変調された2次元標本化格子を用いて画像情報を再標本化する.また,復号の際には,原画像を基準位相信号として,埋め込み情報を検出する.本稿では,同方式における結託攻撃について検討を行った.その結果,画像を重畳す …

    Technical report of IEICE. ISEC 99(414), 9-13, 1999-11-08

    References (5)

  • Contribution of Information Theory for Higher Density Storage  [in Japanese]

    TAZAKI Saburo

    磁気記録(HDD)システムにおける面密度の伸びは昨年後半から本年にかけて年率100%に達し, 国内外で激しい開発競争が展開されている. この状況の元で, 『符号と信号処理技術』は1990年以後年々その重要性を増している. そして, その活用により面密度は少なく見積もっても20〜50%の改善をもたらすとされ, 今やHDDだけでなくMOを始めとする光記録システムの構築においても不可欠の技術となって来て …

    IEICE technical report. Information theory 99(187), 103-108, 1999-07-16

    References (33) Cited by (2)

  • Data Embedding Method Based on the Phase Modulation of Sampling Lattice  [in Japanese]

    MINAMI Noriaki , YAMADA Yoshio , TAZAKI Saburo

    The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 28(3), 278-283, 1999-06-25

    References (7) Cited by (4)

  • Development of 32/33(0,10/10) Code used Simple Coding Rule  [in Japanese]

    TAZAKI Saburo , HARA Naoto , TSUZUKI Sinji

    記録符号に対する絶えざる要求の一つが符号化率η=m/nの向上である.実用化された符号のη(d,k)が1/2(2,7)→2/3(1,7)→8/9(0,4)→16/17(0,6)と進展してきている事がこの事実を物語っている.ただデータ語長mならびに符号語長nを大きくすればする程,符号化測並びに符号化回路構成が指数関数的に複雑になることが問題点として存在する.本稿では,データ語を少なくとも3以上のサブデ …

    IEICE technical report. Magnetic recording 99(113), 1-6, 1999-06-11

    References (9) Cited by (2)

  • A Consideration on Quaternary Code for Magneto-Optical Recording System  [in Japanese]

    TAZAKI Saburo , IKEUCHI Muneki , TSUZUKI Shinji

    Proceedings of the IEICE General Conference 1999年.エレクトロニクス(2), 31, 1999-03-08

Page Top