六浦 光一 Mutsuura Koichi

Articles:  1-20 of 147

  • Relationship between student's characteristics and their reflections through a fully online course  [in Japanese]

    中山 実 , 六浦 光一 , 山本 洋雄

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117(256), 15-20, 2017-10-21

  • Student's reflections evoked by note-taking activity in a blended learning environment  [in Japanese]

    中山 実 , 六浦 光一 , 山本 洋雄

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117(119), 33-38, 2017-07-07

  • Impacts of Instructions in Audio for Learning Activity Throughout a Fully Online Course  [in Japanese]

    NAKAYAMA Minoru , MUTSUURA Kouichi , YAMAMOTO Hiroh

    <p> スライド提示と同期再生される音声情報がフルオンライン学習で及ぼす効果を,ノート記録とテスト得点との関係から検討した.スライド情報,音声情報と受講学生が記録したノート内容を比較分析し,受講学生はノート記録としてスライド情報よりも音声情報の内容を詳細に記述しようとしていることを確認した.また,テスト得点との相関分析から,音声情報の内容を反映したノート記録の指標とテスト得点に相関 …

    Japan Journal of Educational Technology 40(Suppl.), 65-68, 2017

    J-STAGE 

  • Student's reflection changes with note-taking instruction through a blended learning course  [in Japanese]

    中山 実 , 六浦 光一 , 山本 洋雄

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(126), 49-54, 2016-07-09

  • Advantages of instructions in audio for note-taking and test scores through a fully online course  [in Japanese]

    中山 実 , 六浦 光一 , 山本 洋雄

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(60), 43-48, 2016-05-20

  • Relationship between the Final Test Scores and Indices of note-taking Activity.  [in Japanese]

    NAKAYAMA Minoru , MUTSUURA Kouichi , YAMAMOTO Hiroh

    ブレンディッド学習でノート記録活動がテスト得点に及ぼす影響を調べるために,ノート記録の特徴量とテスト得点の関係を検討した.ノート記録の評価指標として授業担当教員によるノート評定値と,教員の提示情報と学生のノート記録内容から定義した単語数割合,記録割合,不足距離,加筆距離との間の関係を分析し,相互の関係を明らかにした.これらのノート記録特徴量とテスト得点との重回帰分析の結果,ノート記録特徴などの変数 …

    Japan Journal of Educational Technology 39(Suppl), 53-56, 2016

    J-STAGE 

  • B-18-16 Moving Control Method with Traveling Angle Detection for Mobile Robot Using RFID System  [in Japanese]

    Chihara Seiya , Fujimoto Manato , Tatsukawa Sho , Wada Tomotaka , Mutsuura Kouichi

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2015年_通信(2), 350, 2015-08-25

  • Relationship between student's reflection and the note-taking activities in a blended learning  [in Japanese]

    中山 実 , 六浦 光一 , 山本 洋雄

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(127), 7-12, 2015-07-04

  • Relationship among indices of student's reflection in a blended learning  [in Japanese]

    中山 実 , 六浦 光一 , 山本 洋雄

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(50), 27-32, 2015-05-23

  • Study of Power Consumption and Delay by Data Aggregation in Wireless Sensor Networks  [in Japanese]

    北村 直樹 , 六浦 光一 , 半田 志郎 [他]

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(26), 47-52, 2015-05-14

  • An estimation of test scores using features of note-taking during a blended learning  [in Japanese]

    NAKAYAMA Minoru , MUTSUURA Koichi , YAMAMOTO Hiroh

    ブレンディッド学習で学生が記録したノートの特徴情報と学習者特性から,最終テスト得点が予測できるかを分析した.また,予測におけるノート記録の効果を検討した.最終テスト得点を予測する方法として,重回帰分析,サポートベクトル回帰を適用した.重回帰分析で変数選択法を適用し,寄与が大きな変数を抽出した.その結果,前半の授業回でのノート記録特徴による説明率が高かった.また,ノート記録指導の効果を調べたところ, …

    IEICE technical report. Education technology 114(441), 17-22, 2015-01-31

  • Impact of teaching Note-taking skills on learning performance during a blended learning  [in Japanese]

    NAKAYAMA Minoru , MUTSUURA Koichi , YAMAMOTO Hiroh

    ブレンディッド学習でのノート記録指導の効果を調べるために,ノート指導を実施した年度と指導導入以前の年度での学習指標を56人のデータで比較した.まず,学期内での変化を調べるために,授業開始時期と指導後でのノート記録意識やノート記録の活動の変化を調べた.また,学習者による違いを調べるために学習者特性,学習成果を調査した.その結果,ノート記録指導の効果は,ノート記録された語数に関する指標では確認できなか …

    IEICE technical report. Education technology 114(260), 35-40, 2014-10-18

  • B-18-15 Moving Control Method with Collision Avoidance Using RFID for Mobile Robot  [in Japanese]

    Tatsukawa Sho , Fujimoto Manato , Sugihara Makoto , Nakanishi Tadashi , Nagao Ryo , Wada Tomotaka , Mutsuura Kouichi , Okada Hiromi

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2014年_通信(2), 373, 2014-09-09

  • Term co-occurence base analysis of note content student taken in a blended learning environment  [in Japanese]

    NAKAYAMA Minoru , MUTSUURA Koichi , YAMAMOTO Hiroh

    本研究では,ICT活用の授業での学習活動の改善を検討するために,学生が記録するノート内容の分析を進めている.本報では,ノート記録の単語について共起関係から接続行列を作成し,これを基にLevenshtein距離で定量的に比較した.教員の提示情報と学生の記録したノートの内容を比較するために,教員の記録に不足する情報を不足距離,学生が単語の置き換えや独自の加筆による単語や単語共起の増加を加筆距離とした. …

    IEICE technical report. Education technology 114(82), 33-38, 2014-06-14

  • B-18-55 Adaptive Directivity Position Estimation Method Using Passive RFID Systems in 3D  [in Japanese]

    Fujimoto Manato , Wada Tomotaka , Mutsuura Kouichi , Okada Hiromi , Iida Yukio

    Proceedings of the IEICE General Conference 2014年_通信(2), 623, 2014-03-04

  • An Evaluation Method for Note-taking Activity Using Term Co-occurrence  [in Japanese]

    NAKAYAMA Minoru , MUTSUURA Kouichi , YAMAMOTO Hiroh

    ICTを活用した学習活動の評価に,ノート記録内容に定量的な指標を用いて,その効用を検討した.ノート記録した単語の共起関係を接続行列表現にし,ノート記録や教員の提示情報との比較に距離尺度を用いる方法を検討した.教員の提示情報との比較のために,ノート記録が不足している不足距離,学生が書き加えた加筆距離を定義した.ノートにおける単語の記録指標として先に提案した記録割合や単語割合との関係を調べた結果,不足 …

    Japan Journal of Educational Technology 38(Suppl.), 97-100, 2014

    J-STAGE 

  • Routing and Moving Control Methods Using Only Passive RFID for Robot Navigation Systems  [in Japanese]

    TSUKUDA Daiki , FUJIMOTO Manato , NAKANISHI Tadashi , NAGAO Ryo , WADA Tomotaka , MUTSUURA Kouichi , OKADA Hiromi

    近年の高齢化社会の急速な進展に伴い,高齢者や身障者の歩行を支援するロボットナビゲーションシステムに関する研究が盛んに行われている.既存のロボットナビゲーションシステムでは,ロボットの移動を制御するためにオドメトリ・画像識別技術・無線通信技術など複数の技術を組み合わせて用いる必要がある.そのため,システムの複雑化や肥大化が問題視されている.そこで,本稿ではシステムの単純化を図るため,パッシブRFID …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(337), 31-35, 2013-12-03

  • Relationship between effectiveness of suggestions for Note-taking and student's characteristics during a blended learning  [in Japanese]

    中山 実 , 六浦 光一 , 山本 洋雄

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(254), 13-18, 2013-10-19

  • Relationship between effectivness of suggestions for Note-taking and student's characeristics during a blended learning  [in Japanese]

    NAKAYAMA Minoru , MUTSUURA Kouichi , YAMAMOTO Hiroh

    ブレンディッド学習の環境で,学習の改善のためにノート記録について指導した効果を検討した.ノート評定の結果では,指導しない場合と比較して有意な改善が見られた.ノート記録スキルの評価得点では,対象授業で2回の調査を行い,これらを比較したところ,第1 因子のノート機能に関して有意に向上した.他の因子得点では学習者による変化で向上が見られなかった.ノート記録の指導後の評価得点の一部は,オンラインテスト得点 …

    IEICE technical report. Education technology 113(254), 13-18, 2013-10-12

  • A Moving Control Method Using Passive RFID for Autonomous Moving Navigation Systems  [in Japanese]

    FUJIMOTO Manato , NAKAMORI Emi , TSUKUDA Daiki , NAKANISHI Tadashi , NAGAO Ryo , WADA Tomotaka , MUTSUURA Kouichi , OKADA Hiromi , IIDA Yukio

    近年,世界的な高齢化に伴い,高齢者や身障者の歩行を支援する技術である自律移動ナビゲーションシステムの研究開発が世界中で熱心に行われている.自律移動ナビゲーションシステムを開発する上で最も重要な要素は,電動車椅子のようなロボットの移動を正しく安全に制御することである.現在の自律移動ナビゲーションシステムでは,ロボットの移動を制御するため,数多くのセンサ・高精度カメラ・無線通信機器などを必要とする.そ …

    IEICE technical report. Information networks 113(206), 61-66, 2013-09-12

Page Top