喜多 敏明 KITA Toshiaki

Articles:  1-20 of 514

  • On Clinical Findings and Indications for Ryokeigomikanzoto  [in Japanese]

    寺澤 捷年 , 横山 浩一 , 小林 亨 [他]

    日本東洋医学雑誌 65(1), 33-37, 2014

    Ichushi Web 

  • Efficacy of Kampo medicine for a stroke and an after effect of stroke  [in Japanese]

    來村 昌紀 , 秋葉 哲生 , 寺澤 捷年

    漢方と最新治療 22(3), 199-204, 2013-08

    Ichushi Web 

  • A Case of Irritability with Sound, Antipathy for Food Smells Successfully Treated with the Kampo Formulation, Ryokito  [in Japanese]

    寺澤 捷年 , 小林 亨 , 隅越 誠 [他]

    日本東洋医学雑誌 64(5), 269-271, 2013

    Ichushi Web 

  • Efficacy of Kampo medicine for primary headache  [in Japanese]

    來村 昌紀 , 秋葉 哲生 , 寺澤 捷年

    漢方と最新治療 21(1), 23-35, 2012-02

  • 12. 小児陰嚢水腫に対し漢方治療が有効であった1例(一般演題,第16回日本小児外科漢方研究会)  [in Japanese]

    小川 恵子 , 大野 賢二 , 寺澤 捷年

    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 48(2), 281, 2012

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 桂枝去桂加茯苓白朮湯証の一考察  [in Japanese]

    平崎 能郎 , 地野 充時 , 岡本 英輝 , 植田 圭吾 , 笠原 裕司 , 荘 明仁 , 江部 洋一郎 , 並木 隆雄 , 寺澤 捷年

    漢方の臨床 58(10), 1977-1990, 2011-10-25

    References (31)

  • Efficacy of Kampo Medicine for Migraine in Children and Childhood Periodic Syndromes  [in Japanese]

    RAIMURA Masaki , NAMIKI Takao , SEKIYA Nobuyasu , KASAHARA Yuji , CHINO Atsushi , HIRASAKI Yoshiro , OGAWA Keiko , OKUMI Hirokuni , OKAMOTO Hideki , KIMATA Yumiko , UEDA Keigo , OUJI Takeshi , OHNO Kenji , YAMAMOTO Satoshi , AKIBA Tetsuo , TERASAWA Katsutoshi

    日本頭痛学会出版の慢性頭痛の診療ガイドラインにおいて小児片頭痛の急性期治療にはイブプロフェンやアセトアミノフェンが推奨されている。しかし,小児片頭痛における予防治療はまだ確立されていない。今回,我々は小児片頭痛,小児周期性症候群に対する漢方治療の有用性を検討した。対象は8歳から15歳の小児片頭痛あるいは小児周期性症候群と診断した9例で,9例全例で頭痛頻度の軽減,強度の減少,頭痛にともなう腹痛,めま …

    Kampo Medicine 62(4), 574-583, 2011-07-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (21)

  • Clinical Experience of Traumatic Cervical Syndrome Treated with Daisaikoto  [in Japanese]

    SHIGETA Tetsuya , KOGURE Toshiaki , TATSUMI Takeshi , CHINO Atsushi

    外傷性頸部症候群に対して大柴胡湯を投与した13例を経験した。その中で,著効例2例を症例提示した。症例1(40代男性)は,少陽病期で腹力は充実し,胸脇苦満も顕著であったことから,いわゆる大柴胡湯の目標と一致していた。一方,症例2(50代女性)は,少陽病期で腹力,胸脇苦満ともに中等度であったが,胸脇の張りの自覚と便秘を認めていた。13例での効果は,VASによる評価で,著効3例,有効6例,やや有効1例, …

    Kampo Medicine 62(4), 559-564, 2011-07-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (16)

  • A case of Post-operative Complication and Chronic Pain Successfully Treated with Kampo Medicine for Qi Disturbance  [in Japanese]

    KIMATA Yumiko , SEKIYA Nobuyasu , KASAHARA Yuji , CHINO Atsushi , HIRASAKI Yoshiro , OGAWA Keiko , OKAMOTO Hideki , UEDA Keigo , OHNO Kenji , NAMIKI Takao , TERASAWA Katsutoshi

    日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine 62(1), 48-52, 2011-01-20

    References (15)

  • Effects of Kampo Therapy for Inpatient on Medical Economics  [in Japanese]

    OHNO Kenji , SEKIYA Nobuyasu , NAMIKI Takao , KASAHARA Yuji , CHINO Atsushi , HIRASAKI Yoshiro , TERASAWA Katsutoshi

    千葉大学医学部附属病院和漢診療科の入院患者が入退院時に内服していた薬剤およびその薬剤費を調査した。対象は2006年9月から2008年10月の間に入院した患者のうち,治療目的以外の入院や急性疾患を除外した35名とした。疾患内訳は多岐に渡っていたが,転帰が死亡,悪化した症例は認められなかった。西洋薬の薬剤数は入院前後で平均3.7剤から2.7剤へと減少し,その薬剤費は1日当たり302.1円より227.6 …

    Kampo Medicine 62(1), 29-33, 2011-01-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (25)

  • Questionnaire Survey on Kampo Medicines for Patients Under 19 Years Old  [in Japanese]

    SUMINO Megumi , OHNO Kenji , KANEKO Akiyo , HISANAGA Akito , KITA Toshiaki

    漢方薬の服用方法や,服用を困難にしている原因を探り,服薬指導に活かすため,未成年患者における漢方薬の服用状況についてアンケート調査を実施した。<BR>対象患者46例の平均年齢は9.7 &qlusmn; 5.3歳(2歳~19歳)で,男性の割合が高かった(65%)。エキス製剤(40例)または煎剤(6例)を服用しており,服用回数は1日2回が38例(83%)と最も多かった。また,服薬に際し,5 …

    Kampo Medicine 61(7), 930-937, 2010-11-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10)

  • A Case of Idiopathic Chronic Fatigue Successfully Treated with Sansonintokagen  [in Japanese]

    KOGURE Toshiaki , TATSUMI Takeshi , KISHI Daijiro , OKU Yuko , SHIGETA Tetsuya

    慢性疲労はプライマリーケアでよく遭遇する症候であり,器質的疾患や機能的な疾患によってもたらされる。器質的疾患では基礎疾患の制御によって疲労の改善を得られるが,慢性疲労症候群や気分変調性障害などに伴う易疲労の場合,治療に難渋するケースが少なくない。今回我々は,特発性慢性疲労(ICF)の患者に対して酸棗仁湯加黄耆麦門冬が奏効した症例を経験した。症例は,更年期以降,数年に渡って疲労を自覚し,近医では器質 …

    Kampo Medicine 61(5), 727-731, 2010-07-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (17)

  • The future of gender-specific medicine and Kampo medicine  [in Japanese]

    小川 恵子 , 寺澤 捷年

    産婦人科治療 100(6), 987-991, 2010-06

    Ichushi Web 

  • Four Cases of Chronic Cough Successfully Treated with Boiogitokamao  [in Japanese]

    OGAWA Keiko , SEKIYA Nobuyasu , KASAHARA Yuji , CHINO Atsushi , RAIMURA Masaki , KIMATA Yumiko , OKUMI Hirokuni , OHNO Kenji , NAMIKI Takao , AKIBA Tetsuo , TERASAWA Katsutoshi

    防已黄耆湯は,『金匱要略』を原典とする方剤で,方後に「喘する者には麻黄半両を加う」と記されている。我々は,風湿あるいは風水と考えられる慢性咳嗽に対して,防已黄耆湯加麻黄を投与し,奏効した4症例を経験した。これらの症例では,身重く感じる,汗をかきやすい,身体が冷えやすい,という自覚症状と,色白で,右寸口の脈が弱いという他覚所見が共通していた。また,全例で,咳嗽のみならず,随伴症状の改善も認められた。 …

    Kampo Medicine 61(3), 337-344, 2010-05-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (17)

  • A Case of Multiple Intractable Skin Ulcers of Bilateral Legs due to Arteriovenous Fistula Successfully Treated with Kampo Medicines  [in Japanese]

    CHINO Atsushi , ISHIDA Atsushi , SEKIYA Nobuyasu , OHNO Kenji , HIRASAKI Yoshiro , KASAHARA Yuji , NAMIKI Takao , MIYAZAKI Masaru , TERASAWA Katsutoshi

    下腿皮膚潰瘍の原因の一つとして動静脈瘻が知られている。動静脈瘻では患部の静脈圧上昇による末梢組織への動脈血流の低下と静脈血の鬱滞を来し,循環障害による冷感,浮腫,疼痛,皮膚炎,皮膚潰瘍などが生じることがある。症例は32歳女性。1999年頃から両下腿の浮腫,難治性皮膚潰瘍,疼痛が出現。精査により2003年に両下肢動静脈瘻と診断。両下腿の局所療法,鎮痛剤等の対症療法で治療されていたが症状が改善しないた …

    Kampo Medicine 61(3), 325-330, 2010-05-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (16) Cited by (1)

  • 総合討論  [in Japanese]

    喜多 敏明 , KOGURE Toshiaki , HIRAI Aizan , UEKUSA Yasuhiro , YOSHINAGA Ryo , SHIMAMOTO Tsutako

    Kampo medicine 61(2), 247-250, 2010-03-20

  • Achievement of Scientific and Educational Committee  [in Japanese]

    KOGURE Toshiaki

    日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine 61(2), 228-233, 2010-03-20

    Ichushi Web 

  • 甘連石膏湯が奏効した体感異常の一例  [in Japanese]

    関矢 信康 , 岡本 英輝 , 平崎 能郎 , 植田 圭吾 , 柴原 直利 , 寺澤 捷年

    漢方の臨床 57(1), 111-114, 2010-01-25

    References (6)

  • The Background and the Purpose of This Symposium  [in Japanese]

    NAMIKI Takao , KITA Toshiaki , MITANI Kazuo , ITOH Takashi , NOGAMI Tatsuya , KIMOTO Hiroshi , IWAGAKI Hiromi , SAITO Shinya

    Kampo Medicine 61(1), 57-58, 2010-01-20

    J-STAGE  References (1)

  • One Case of Wells' Syndrome Successfully Treated with Kampo Medicines  [in Japanese]

    CHINO Atsushi , SEKIYA Nobuyasu , OHNO Kenji , HIRASAKI Yoshiro , KASAHARA Yuji , NAMIKI Takao , TERASAWA Katsutoshi

    Wells'症候群は四肢や体幹に孤立性あるいは多発性の蜂窩織炎様皮疹を生じる原因不明の疾患である。本症は副腎皮質ステロイド剤等で対症的に治療されるが,寛解と再発を繰り返すことも多い。症例は8歳男子。2001年に四肢に皮疹が出現し,2002年に病理組織学的検査によりWells'症候群と診断され,副腎皮質ステロイド剤などで治療されていた。2007年1月頃から皮疹が増悪し,同年5月当科初診。荊芥連翹湯を …

    Kampo Medicine 61(1), 45-50, 2010-01-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12)

Page Top