蒲生・西谷 美香 Nishitani-Gamo M

Articles:  1-20 of 45

  • 1 / 3
  • 車載テクノロジー最前線 マリモカーボンを用いた燃料電池用触媒の開発  [in Japanese]

    江口 美佳 , 小田倉 圭祐 , 蒲生西谷 美香 , 安藤 寿浩

    車載テクノロジー = Automotive technology 5(1), 36-41, 2017-10

  • Dreams Beyond Surface Technologies  [in Japanese]

    ARAI Susumu , UEDA Mikito , OHGAI Takeshi , NISHITANI GAMO Mika , MURASE Kuniaki , YAE Shinji , MATSUBARA Hiroshi

    Journal of The Surface Finishing Society of Japan 61(2), 95-107, 2010-02-01

    IR  J-STAGE 

  • The effect of the morphology on the field emission properties of carbon nanomaterials grown by the liquid-phase deposition method  [in Japanese]

    Arai Chiharu , Gamo Hidenori , Shibasaki Takeshi , Ando Toshihiro , Nishitani-Gamo Mikka

    我々の研究グループではナノ炭素材料の新規合成法として、固液界面接触分解法を開発し合成研究を進めている。本法は、有機液体と触媒金属との接触分解反応を原理とし、高速かつ高純度なナノ炭素材料を合成する事ができるという特徴を持つ。本研究では、有機液体原料に1-オクタンチオール、触媒としてコバルト金属を用い合成を行った。コバルト触媒の酸化状態の違いが、生成物形態及び電界電子放出特性に及ぼす影響を調べた。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 29(0), 159-159, 2009

    J-STAGE 

  • Vapor deposition of fibrous nanocarbon by using oxidized diamond-supported catalyst  [in Japanese]

    Aoki Toshiaki , Nakagawa Kiyoharu , Gamo Hidenori , Ando Toshihiro , Nishitani-Gamo Mikka

    本研究では、近年触媒担体として注目されている酸化ダイヤモンドに8族金属を担持した触媒を用いて、エチレン接触分解反応を行った。反応装置に示差熱・熱重量同時測定装置を用いることにより、担持金属の違いが反応過程における炭素析出速度に及ぼす影響を調査した。また生成物を電子顕微鏡で観察することにより、担持金属の違いが生成物の形態及び構造に及ぼす影響を調査した。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 28(0), 176-176, 2008

    J-STAGE 

  • Screen-printed patterning of the carbon nanofilaments composite grown by the catalytic synthesis method  [in Japanese]

    Kuwata Minoru , Gamo Hidenori , Nakagawa Kiyoharu , Ando Toshihiro , Nishitani-Gamo Mikka

    我々の研究グループでは、酸化ダイヤモンド粉体上に、繊維状ナノ炭素が成長した新しい炭素複合材料の合成を行っている。酸化ダイヤモンド-繊維状ナノ炭素複合体(Dia-CNF)の物性を測定する上では、基板上に一定の形状でDia-CNFをパターン化することが必須である。本研究では、熱化学気相合成法によりDia-CNFを合成し、スクリーン印刷法を用いて基板上へのパターン化を試みた。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 28(0), 174-174, 2008

    J-STAGE 

  • Liquid-Phase deposition of nanocarbon materials using 1-Octanol  [in Japanese]

    Arai Chiharu , Gamo Hidenori , Nakagawa Kiyoharu , Ando Toshihiro , Nishitani-Gamo Mikka

    我々の研究グループでは、有機液体中で、簡便に、高速かつ高純度なナノ炭素材料の合成を実現できる新しい方法として、固液界面接触分解法を開発し、合成研究を進めている。本研究では、コバルト触媒を用いて固液界面接触分解法によるナノ炭素材料の合成を行った。有機液体として1-オクタノールを用い、基板温度や触媒量を変化させて合成することにより、得られた生成物の形態の合成条件依存性を調べた。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 28(0), 173-173, 2008

    J-STAGE 

  • Cathodoluminescence spectra of the chemical vapor deposited co-doping diamond films  [in Japanese]

    Hatanaka Yuko , Takeuchi Sadao , Iwasaki Koji , Gamo Hidenori , Nakagawa Kiyoharu , Ando Toshihiro , Nishitani-Gamo Mikka

    本研究では、マイクロ波プラズマ化学気相合成法により合成したco-dopingダイヤモンド薄膜の光学特性を、カソードルミネッセンス(CL)法を用いて調べた。窒素ドープダイヤモンドとボロン・窒素co-dopingダイヤモンドのCLスペクトルを比較することで、ボロンと窒素の同時添加がダイヤモンドのCLスペクトルに及ぼす影響について調べた。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 28(0), 172-172, 2008

    J-STAGE 

  • Electrochemical deposition of carbon films using organic liquid  [in Japanese]

    Higashi Mikiteru , Kiyota Hideo , Gamo Hidenori , Nishitani-Gamo Mikka , Ando Toshihiro , Kurosu Tateki

    カーボン薄膜の新たな合成法として、有機溶液中での電気化学反応による液相合成を試みた。メタノール等の反応溶液中で基板に対し1~3 kV/cmの負電界を印加することでa-C薄膜の生成に成功した。また、アクリロニトリルを反応溶液に用いることで、C、N、Oを構成元素とするCNx膜が得られた。これらの結果は、本研究で提案した液相合成が純粋なカーボン膜だけでなく、窒化炭素などの新物質の開発にも有効であることを …

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 28(0), 162-162, 2008

    J-STAGE 

  • High resolusion transmission electron microscopic observation at the interface between the fibrous carbon nanomaterial and the transition metal loaded diamond support synthesized by thermal chemical vapor deposition  [in Japanese]

    Kikuchi Mayuko , Nakagawa Kiyoharu , Gamo Hidenori , Ando Toshihiro , Nishitani-Gamo Mikka

    本研究では、ダイヤモンド-繊維状ナノ炭素材料複合体の接合界面を高分解能電子顕微鏡により観察した結果を報告する。ダイヤモンド-繊維状ナノ炭素複合体は、ダイヤモンド担持8族遷移金属を用いた低級炭化水素の接触分解反応により合成を試みた。触媒金属の種類により、成長した繊維状ナノ炭素とダイヤモンドの接合界面がどのように異なるかを調べた。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 27(0), 184-184, 2007

    J-STAGE 

  • Catalytic synthesis of fibrous carbon nanomaterials by decomposition of alkane using oxidized diamond supported Pd and Ni catalysts  [in Japanese]

    Hatanaka Yuko , Nakagawa Kiyoharu , Gamo Hidenori , Ando Toshihiro , Nishitani-Gamo Mikka

    本研究では、示差熱・熱重量同時測定装置(TG/DTA)を用いて、NiおよびPdを担持した酸化ダイヤモンドを触媒として低級炭化水素の接触分解反応を行ない、ダイヤモンド-ナノ炭素複合体を合成すると同時に、合成過程における熱の出入りを測定した。そして、原料ガスの違いによる固相炭素析出量、生成物の形状および得られたナノ炭素繊維の構造の違いについて調べた。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 27(0), 146-146, 2007

    J-STAGE 

  • Catalytic synthesis of fibrous nanocarbon materials in organic liquids  [in Japanese]

    Kikuchi Mayuko , Nakagawa Kiyoharu , Gamo Hidenori , Ando Toshihiro , Nishitani-Gamo Mikka

    我々の研究グループでは、カーボンナノチューブ(Carbon NanoTube:CNT)をはじめとする新炭素系ナノ材料を合成する新しい方法として、固液界面接触分解を開発し、合成研究を進めている。この方法では有機溶液中にて、簡便に、高速かつ高純度な繊維状ナノ炭素の合成を実現できる。本研究では、パラジウムを担持したシリコン基板を用いて、繊維状ナノ炭素材料の合成を試み、得られた生成物の形態及び構造の合成条 …

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 27(0), 142-142, 2007

    J-STAGE 

  • Change of the surface conductivity by oxidation of the homoepitaxially grown (100) and (111) diamond surfaces

    Iwasaki Koji , Gamo Hidenori , Nishitani-Gamo Mikka , Nakagawa Kiyoharu , Ando Toshihiro

    本研究では、水素終端ダイヤモンド表面伝導のメカニズムを考察するため、ホモエピタキシャルダイヤモンド(100)および(111)表面の酸化による表面電気伝導性の変化を測定し、その結晶面方位依存性を調べた。水素化ダイヤモンド表面の酸化による表面伝導性の変化は、(100)と(111)表面で異なる挙動を示した。(100)表面の場合、シート抵抗値の上昇が確認される酸化温度は(111)表面より低温度であった。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 26(0), 158-158, 2006

    J-STAGE 

  • CVDダイヤモンド表面の酸化による仕事関数の変化 (第24回表面科学講演大会論文特集(3))  [in Japanese]

    蒲生 秀典 , 蒲生西谷 美香 , 中川 清晴 [他]

    Journal of the Surface Science Society of Japan 26(9), 547-552, 2005-09

  • 高密度ナノ炭素繊維'マリモカーボン'の開発と実用性 (特集 高機能性繊維--先進技術を活用し新たな展開へ)  [in Japanese]

    中川 清晴 , 安藤 寿浩 , 蒲生西谷 美香 [他]

    工業材料 53(9), 46-49, 2005-09

  • Surface Work Function Change by Oxidation of Hydrogen-Terminated Chemical Vapor Deposited Diamond  [in Japanese]

    GAMO Hidenori , N.-GAMO Mikka , NAKAGAWA Kiyoharu , ANDO Toshihiro

    In order to clarify the relation between the diamond surface chemical structures and their surface potentials, we measured the surface work function change varied with the chemisorbed structures of th …

    Hyomen Kagaku 26(9), 547-552, 2005

    J-STAGE 

  • Nano-Fabrication of Nano-Crystalline Diamond Films Grown by Microwave Plasma-Assisted Chemical Vapor Deposition  [in Japanese]

    GAMO Hidenori , N.-GAMO Mikka , FUKUGAMI Norihito , TAMURA Akira , ANDO Toshihiro

    In order to produce nano-scaled ultra-fine patterns into diamond films, a nano-crystalline diamond film with very flat surface has been synthesized. The fabrication process for a nano-scaled patternin …

    Hyomen Kagaku 26(9), 542-546, 2005

    J-STAGE 

  • 新しい触媒材料としての表面酸化ダイヤモンド  [in Japanese]

    中川 清晴 , 蒲生 西谷 美香 , 小田 廣和 [他]

    Expected materials for the future 4(6), 36-43, 2004-06

  • Synthesis of Nano-structured Carbons in Organic Liquids  [in Japanese]

    NAKAGAWA Kiyoharu , GAMO(NISHITANI) Mikka , OGAWA Kazuyuki , ANDO Toshihiro

    Materia Japan 43(3), 218-224, 2004-03-20

    J-STAGE  References (31)

  • Chemical Vapor Deposition of Diamonds : the Surface Chemistry  [in Japanese]

    蒲生西谷 美香 , 中川 清晴 , 竹内 貞雄 , 蒲生 秀典 , 安藤 寿浩

    工業技術 : 東洋大学工業技術研究所報告 (26), 34-40, 2004

  • Ultra-fine patterning of the CVD nanocrystalline diamond films by electron beam lithography

    Gamo Hidenori , N.-Gamo Mikka , Shimada Kentaro , Fukugami Norihito , Tamura Akira , Ando Toshihiro

    ダイヤモンドの高性能半導体素子への応用を念頭に、ナノメートルオーダの微細加工に適用可能な、平坦性の高いナノクリスタルダイヤモンド薄膜を合成し、電子線リソグラフィー及び反応性イオンエッチング(RIE)技術を利用したナノ加工プロセスを確立した。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 24(0), 55-55, 2004

    J-STAGE 

  • 1 / 3
Page Top