村田 一郎 MURATA Ichiro

Articles:  1-18 of 18

  • JAPAN-INDONESIA INTERNATIONAL GRAVIMETRIC CONNECTION AND GRAVITY MEASUREMENT IN WEST JAVA  [in Japanese]

    村田 一郎 [他] , 中村 佳重郎 , 田中 寅夫 , ポニミン M.S. , エドウィン H.

    International gravimetric connection between Japan, Singapore and Indonesia was carried out with two LaCoste & Romberg gravimeters (model G) during the period from October 11 to November 2, 1993. In S …

    京都大学防災研究所年報 (37B-1), p257-264, 1994-04

    IR 

  • Gravity Observations along the Itoigawa-Shizuoka Geotectonic Line (IV) : Determination of Bouguer Anomaly around the Matsumoto Bonchi Toen Fault with the aid of GPS translocation technique  [in Japanese]

    大久保 修平 [他] , 長沢 工 , 村田 一郎 , 安藤 潤

    松本盆地東縁断層の周辺で123点の重力測定を実施した.観測点の水平位置,標高の決定にトランスロケーションGPS法が使えることを試験観測を通じて検証した.また実際にこのGPS技術を重力測量の支援に用い, 3次元座標未知の重力測定点の位置を決定することに成功した.同断層近傍ですでに重力値の得られている測定点をあわせて約600点での高密度重力測定から,より精確なブーゲー異常図を作成した.得られたブーゲー …

    Bulletin of the Earthquake Research Institute,University of Tokyo 66(1), p285-298, 1991-06

    IR 

  • Gravity Observations along the Itoigawa-Shizuoka Geotectonic Line (III) : Bouguer Anomaly around the Northern Part of Matsumoto Bonchi Toen Fault  [in Japanese]

    大久保 修平 [他] , 長沢 工 , 村田 一郎 , 許 華妃

    松本盆地東縁断層の北側延長部の周辺で約190点の重力測定を実施した.爆破地震学から求められている松本盆地東縁断層付近の構造をとりいれて,重力異常の解析をすすめた.その結果,逆断層運動にともなって周囲に生じる系統的な密度変化によって,実際のブーゲー異常のパターンおよび振幅がきわめてよく説明できることがわかった.

    Bulletin of the Earthquake Research Institute,University of Tokyo 65(3), p649-663, 1990-12

    IR 

  • A Fundamental Experiment of High Accurate GPS Interferometer  [in Japanese]

    村田 一郎 [他] , 加藤 照之 , 綿田 辰吾 , 平田 安廣 , 井筒屋 貞勝 , 土屋 淳 , 伊賀 章

    NAVSTAR/GPS衛星からの電波を地上の複数点においた受信機で受信し,搬送波の位相を比較することによって地上の観測点の間の相対位置並びに基線長を精度良く求める方法が考案され, GPS干渉測位法と呼ばれている.本報告ではその原理と方法を概説し,このような目的で導入した受信機について紹介する.この受信機を用いて基礎的な実験を行ったのでその結果についても報告する.実験は地震研の屋上に設置された約4. …

    Bulletin of the Earthquake Research Institute,University of Tokyo 65(1), p277-287, 1990-06

    IR 

  • GPS observation around the Sagami bay, South Kanto, Japan (general report)  [in Japanese]

    MURATA I.

    J. Geod. Soc. Jpn. 36(1), p23-36, 1990-03

    Cited by (1)

  • Gravity Study of Active Faults (4) : Detection of Tachikawa Fault  [in Japanese]

    萩原 幸男 [他] , 村田 一郎 , 長沢 工 , 井筒屋 貞勝 , 小竹 美子 , 大久保 修平

    東京都西部(国土地理院25,000分の1地形図「拝島」と「立川」)に約230点の重力測定を実施し,立川断層とその周辺のブーゲ異常を明らかにした.その結果,同断層は北東側隆起とともに,左横ずれ断層の可能性があることが判明した.

    Bulletin of the Earthquake Research Institute,University of Tokyo 63(2), p115-129, 1988-11

    IR  Cited by (6)

  • GPSと地震予知 (宇宙を測る--地球を測る<特集>)  [in Japanese]

    村田 一郎

    計測と制御 27(7), p615-621, 1988-07

    Cited by (1)

  • Gravity Observations along the Itoigawa-Shizuoka Geotectonic Line (II) : Bouguer Anomaly in the Suwa Basin, Nagano Prefecture, Central Japan  [in Japanese]

    萩原 幸男 [他] , 村田 一郎 , 長沢 工 , 井筒屋 貞勝 , 小竹 美子 , 大久保 修平 , 田島 廣一

    諏訪湖周辺に約400点の重力測定を実施した.諏訪湖は糸魚川-静岡構造線の12kmにおよぶ左横ずれ断層運動により生じた陥没地形であって,陥没量は800mを越える.ブーゲー異常から推定すると,陥没量は1~1.4km,横ずれ量は明確ではないが15~20kmと見積ることができる.The Suwa basin is located in the middle part of the Itoigawa-Shi …

    Bulletin of the Earthquake Research Institute,University of Tokyo 62(4), p517-534, 1988-03

    IR 

  • Gravity Tide Observation at Fukushima and Kanazawa, Central Japan  [in Japanese]

    大久保 修平 , 田島 広一 , 村田 一郎

    福島および金沢で重力潮汐の観測を実施した.主要4分潮のδファクターと位相kをヴェディコフ法で解析した.この2点ではδはいずれも,東京の値と1%以内で一致しており,顕著な異常は認められなかった.δが2ないし3%も小さくなる異常域は中部山岳地方に局限されているというEndo(1985)の主張を補強する結果となった.

    Bulletin of the Earthquake Research Institute,University of Tokyo 62(3), p329-338, 1988-01

    IR 

  • Global Positioning system : GPS  [in Japanese]

    MURATA Ichiro

    SECOND SERIES BULLETIN OF THE VOLCANOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN 33(2), 119-122, 1988

    J-STAGE 

  • Gravity Study of Active Fault : Detection of the 1931 Nishi-Saitama Earthquake Fault  [in Japanese]

    萩原 幸男 [他] , 村田 一郎 , 田島 広一 , 長沢 工 , 井筒屋 貞勝 , 大久保 修平

    埼玉県北西部の関東山地北東縁部には,深谷断層,櫛挽断層,江南断層,今市-菅谷断層等の活断層が密集している.この地帯に7回にわたって合計約630点の重力測定を実施した.得られたブーゲー異常から,地質地形調査ではかつて指摘されたことのない断層を児玉町に発見した.また櫛挽断層は従来考えられていた規模より遙かに大きく,北西にはこの児玉町の断層に,南東には荒川を越えて今市-菅谷断層に連続していることが判明し …

    Bulletin of the Earthquake Research Institute,University of Tokyo 61(4), p563-586, 1987-03

    IR  Cited by (1)

  • Differential GPSにおける電離層の影響  [in Japanese]

    加藤 照之 , 村田 一郎 , 土屋 淳

    測地学会誌 32(3), p174-180, 1986

  • Precise Gravity Surveys across the Kozu-Matsuda Fault  [in Japanese]

    井筒屋 貞勝 , 田島 広一 , 萩原 幸男 , 村田 一郎

    The seismic activity on the Izu peninsula has gradually migrated northwards since 1974. It is desired therefore that, for detecting precursory crustal movements, geodetic measurements be concentrated …

    東京大學地震研究所彙報 = Bulletin of the Earthquake Research Institute, University of Tokyo 56(3), 595-602, 1982-01-08

    IR 

  • High-Precision Gravity Surveys Before and After the 1980 Izu-Hanto-Toho-Oki Earthquake  [in Japanese]

    萩原 幸男 [他] , 田島 広一 , 井筒屋 貞勝 , 長沢 工 , 村田 一郎 , 遠藤 猛

    The repetition of high-precision gravity measurements has intensified on the eastern coast of the Izu Peninsula since the 1978 Izu-Oshima-Kinkai earthquake. The gravity decrease found near the Kawanaz …

    Bulletin of the Earthquake Research Institute,University of Tokyo 55(4), p1097-1100, 1980

    IR 

  • 絶対重力計用落体の回転防止実験  [in Japanese]

    花田 英夫 , 柳沢 道夫 , 村田 一郎

    測地学会誌 24(4), p191-201, 1979

    Cited by (1)

  • Gravity Change during the Izu-Oshima-kinkai Earthquake of 1978.  [in Japanese]

    萩原 幸男 [他] , 田島 広一 , 井筒屋 貞勝 , 長沢 工 , 村田 一郎 , 島田 誠一

    Bulletin of the Earthquake Research Institute,University of Tokyo 53(3), p875-880, 1978

    IR 

  • 9. Earth tides in an active volcanic island (I)(Abstracts of Papers submitted for the Meetings of the Society)  [in Japanese]

    Kizawa T. , Ohura E. , Murata I.

    SECOND SERIES BULLETIN OF THE VOLCANOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN 16(1), 40, 1971

    J-STAGE 

  • Levelling Resurvey Associated with the Area of Matsushiro Earthquake Swarms. (1)  [in Japanese]

    坪川 家恒 [他] , 岡田 惇 , 田島 広一 , 村田 一郎 , 長沢 工 , 井筒屋 貞勝 , 伊藤 裕

    After the earthquake swarms began in Aug. 1965 in the area of Matsushiro, Northeastern part of Nagano Prefecture, the Earthquake Research Institute and the Geographical Survey Institute repeated the f …

    Bulletin of the Earthquake Research Institute,University of Tokyo 45(1), 265-288, 1967-06

    IR 

Page Top