嶋 一徹 SHIMA Kazuto

ID:1000008760152

岡山大学大学院環境生命科学研究科 岡山大学大学院環境生命科学研究科 (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 54

  • 1 / 3
  • Soil nitrogen mineralization and organic nitrogen along a slope in a <i>Chamaecyparis obtusa</i> plantation  [in Japanese]

    Hirobe Muneto , Hyodo Fujio , Isobe Kazuo , Shima Kazuto

    <p>土壌において粒子状有機物に含まれる窒素は微生物が利用しやすく,鉱物−有機物複合体(MAOM)に含まれる窒素は利用しにくいとされる。本研究ではヒノキ人工林内の同一斜面に沿った窒素無機化特性の違いと土壌中の高分子有機態窒素の存在形態の関係を明らかにすることを目的とした。調査地は岡山県津山市のヒノキ人工林であり,斜距離約90mの斜面を対象に25か所で鉱質土層表層を採取した。純窒素無機化 …

    The Japanese Forest Society Congress 128(0), 616, 2017

    J-STAGE 

  • Utilization of incineration ashes of sewage sludge as the fertilizer  [in Japanese]

    SHIMA Kazuto , KATAYAMA Hiroko

    下水汚泥焼却灰を緑農地において資源として活用するために,焼却処理が肥料成分と含有重金属の質,量におよぼす影響を検討した。その結果,900℃で焼却した下水汚泥は亜鉛,銅,鉛の難溶化とカドミウムの揮発損失による減量が図られる事実を明らかにした。これと同時に窒素成分については失われるものの可給態リン含有率が増加することで肥料として利用可能であることが示唆された。さらに栽培試験の結果,黒ボク土においては十 …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 33(1), 128-133, 2007-08-31

    J-STAGE  References (12)

  • Impact of litter-removing on water and nutrient at secondary forest  [in Japanese]

    Okuyama Kiyomi , Imamura Yutaka , Shima Kazuto

    The Japanese Forest Society Congress 118(0), 707-707, 2007

    J-STAGE 

  • Nitrogen Dynamics in Surface soil of  [in Japanese]

    SHIMA KAZUTO , ISHIBASHI MISAKO

    The Japanese Forest Society Congress 118(0), 257-257, 2007

    J-STAGE 

  • Soil and nutrients losses with sufacerunoff on the slope after forest fire

    SHIMA KAZUTO , TAKEDA KIMI , OH REI

    The Japanese Forest Society Congress 117(0), 322-322, 2006

    J-STAGE 

  • Effects of the change of soil condition on C0<SUB>2</SUB> release form fire affected slope  [in Japanese]

    TAKENAKA Manabu , SHIMA Kazuto

    山火事後の経過時間の異なる2つの林分で土壌炭素の無機化特性とそれが見かけの窒素無機化活性に及ぼす影響について調査を行った。その結果,山火事後1年目の調査地は2年が経過した調査地と比較して,炭素無機化活性は低く,温度や含水比の変化に対する反応も小さかった。このような低い炭素無機化活性は,山火事直後の見かけの窒素無機化活性を高める要因のひとつであると考えられた。

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 31(1), 198-201, 2005

    J-STAGE 

  • Effect of nutrients dynamics on establishment of pioneer species in fire affected slope  [in Japanese]

    KINOSHITA Naoko , SHIMA Kazuto

    瀬戸内沿岸の山火事跡地斜面に樹幹伐倒処理を施し,周辺林分に分布する先駆木本類の播種を行った播種区と対照区を設け,植生や流亡した水と土壌量の違いを調査した。その結果,播種区では実生数の増加や生育の促進が認められ,流亡する水や表土の減少量が対照区を上回った。そのことから,小さなサイズの実生でも多数存在することで山火事跡地斜面の荒廃地化抑制に大きく貢献することが明らかになった。

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 31(1), 194-197, 2005

    J-STAGE 

  • Vegetation changes in cutting slope after re-vegetation by plantation of potential native species  [in Japanese]

    WADA Mitsuki , SHIMA Kazuto , CHIBA Kyozo , NISHIMOTO Takashi

    潜在自然植生種を用いて緑化を行った切土法面において施工後14年目の植生回復の状況を調査した。植栽木の健全個体は減少していたが,一部は良好に生育し,それらの種子由来の実生もみられた。一方侵入マツ類は施工直後に侵入した個体が上層樹冠を優占し,当年生実生も多数みられたが枯死割合は高く,今後下層ではマツ類にかわって広葉樹類が発達し,いずれは常緑広葉樹林へ移行するものと予測した。

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 31(1), 167-170, 2005

    J-STAGE 

  • The characteristic of germination and establishment of pioneer species in fire affected forest  [in Japanese]

    KINOSHITA Naoko , SHIMA Kazuto , HIRONO Masaki

    瀬戸内沿岸の山火事跡地斜面に分布する先駆木本類6樹種について埋土深と土壌加熱が種子発芽に及ぼす影響を調査した。その結果,山火事により土壌表層では短時間高温に晒されるが,深さ4 cm程度の土壌では50 ℃以下の温度が長時間継続することが判明し,この深さに埋土されたアカメガシワ,クサギは加熱で発芽促進が認められた。これに対してアカマツは埋土すると発芽できず,耐熱性が低いため火事後の種子供給が必須なこと …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 30(1), 336-339, 2004-08-31

    J-STAGE  References (5)

  • Vegetation changes after slope revegetation by potential native plants - The case of 13-year cutting slope -  [in Japanese]

    WADA Mitsuki , SHIMA Kazuto , NISHIMOTO Takashi , CHIBA Kyozo

    潜在自然植生種を用いた早期樹林化を目指した切土法面で施工後の植生回復状況を調査した。施工後13年時点で植栽木は生存するものの健全個体は半数以下であり,周辺から侵入したマツ類が上層樹冠を優占し,下層には広葉樹と当年生マツ類の実生が多数分布していた。施工直後からマツ類が侵入した斜面上部では新たな実生の定着が困難であり,今後はマツ林を経て広葉樹林へ移行することが予想された。

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 30(1), 235-238, 2004-08-31

    J-STAGE  References (4) Cited by (2)

  • Heavy metal adsorption ability of bamboo charcoal and effect as a mulching material  [in Japanese]

    FUJIWARA Satoshi , SHIMA Kazuto , CHIBA Kyozo

    未利用有機資源であるタケの有効利用を考え,タケ炭化物の重金属吸着能を木炭,活性炭のそれと比較した。その結果,炭化温度に関係なく炭化物のpHが塩基性を示し,カリウムを多く含むタケ炭は優れた吸着能を有していることが明らかとなった。そこで,道路中央分離帯内の植栽樹木下でタケ炭をマルチング資材として利用した際の,浮遊粉塵中の重金属吸着能について実証試験を行った。その結果,植栽下にタケ炭を敷設することにより …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 30(1), 39-44, 2004-08-31

    J-STAGE  References (9)

  • The effects of bamboo charcoal and phosphorus fertilization on mixed planting with grasses and soil improving species under the nutrients poor condition  [in Japanese]

    YAN Gen Zhu , SHIMA Kazuto , FUJIWARA Satoshi , CHIBA Kyozo

    養分集積が極めて乏しい花崗岩風化土においてリン供給と土壌改良効果を期待してタケ炭を施用し,混植植物の生育に及ぼす影響を調べた。その結果,タケ炭施用により肥料木の根粒着生は抑制され成長は劣っていたが,同時にリン施肥をすると単植された肥料木の成長は良好になった。しかし,緑化牧草と混植した場合,タケ炭施用とリン施肥を同時に行っても肥料木の成長は劣っていた。これよりタケ炭は土壌リンを吸着するが、その量は僅 …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 30(1), 33-38, 2004-08-31

    J-STAGE  References (20)

  • Fundamental Characteristics and Humidity Control Capacity of Bamboo Charcoal  [in Japanese]

    FUJIWARA Satoshi , SHIMA Kazuto , CHIBA Kyozo

    Journal of the Japan Wood Researh Society 49(5), 333-341, 2003-09-25

    References (25) Cited by (8)

  • The change of forest environments with the conventional management in broad-leaved secondary forest and its effects on regeneration of tree species  [in Japanese]

    KATAOKA Hiroyuki , SHIMA Kazuto , CHIBA Kyozo

    都市近郊の広葉樹二次林内において, 低木類の伐採と林床有機物の除去処理を行い, 土壌を含めた林内環境および実生の発生と生残に及ぼす影響について検討を行った。その結果, 処理を行った場所に播種した場合, より多くの実生が発生し, 生残率も高いことが確認された。また, 低木類伐採より林床有機物の除去が林内環境に与える影響がより大きいと考えられた。

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 29(1), 297-300, 2003-08-31

    J-STAGE  References (9) Cited by (4)

  • Heavy metal pollution of soil under street tree in Okayama city  [in Japanese]

    SHIMA Kazuto , AIHARA Kenji , CHIBA Kyozo

    岡山市中心部の主要幹線道路脇の緑地帯119地点を選び,土壌表層における重金属元素の集積状況を調査した。その結果,深さ0-2.5 cmの表土における重金属含有率は亜鉛396.92 mg, kg<SUP>-1</SUP>,鉛52.13 mg, kg<SUP>-1</SUP>,カドミウム0.59 mg, kg<SUP>-1</SUP> …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 29(1), 231-234, 2003-08-31

    J-STAGE  References (6) Cited by (1)

  • The effects of mixed planting with grasses on growth of soil improving species under the nutrients poor condition  [in Japanese]

    YAN Gan Zhu , SHIMA Kazuto , CHIBA Kyozo

    劣悪土壌での肥料木生育に及ぼす緑化牧草類混植の影響を調査した。試験は肥料木としてニセアカシアとメラノキシロン, アカシア, 緑化牧草としてイタリアンライグラスを用いて混植の密度と時期そしてリン施肥が及ぼす影響を検討した。その結果, イタリアンライグラスの混植は肥料木の成長を抑制することが判明した。また混植にともない肥料木では, 根粒着生量が減少することが明らかになった。しかし, この成長低下はリン …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 29(1), 33-38, 2003-08-31

    J-STAGE  References (10) Cited by (1)

  • 竹炭の炭化条件とガス吸着特性  [in Japanese]

    藤原 敏 , 嶋 一徹 , 千葉 喬三

    Bamboo journal (20), 68-76, 2003-03

    Cited by (1)

  • 竹炭、灰の性状  [in Japanese]

    藤原 敏 , 嶋 一徹 , 千葉 喬三

    Bamboo journal (20), 52-59, 2003-03

    Cited by (1)

  • A study on the morphology and age estimation of Phyllostachys pubescens  [in Japanese]

    SAKANO Yuki , SHIMA Kazuto , VAR Mustafa , LU Xiaowen , CHIBA Kyozo

    近年, バイオマス資源として放置タケ林の有効利用に関心が集まっている。本研究ではモウソウチクを取り上げ, その形態的特性と年齢推定方法に関する調査検討を行った。その結果, 胸高直径のみを測定すれば同一林分内の全個体について, 任意の高さにおける稈壁の厚さ, 稈材積および現存量を高い精度で推定できることが示された。さらに, 稈長, 分枝パターンと落枝跡から年齢推定の可能性についても検討を行った。

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 28(1), 306-309, 2002-08-31

    J-STAGE  References (10) Cited by (2)

  • Effects of different introduced plant species on invasion and establishment of other plant species in the artificial slopes  [in Japanese]

    KODAMA Syunnichi , WADA Mituki , SHIMA Kazuto , CHIBA Kyozo

    異なる植物が導入された法面において, 施工後の生育状況と侵入種の組成などについて調査を行い, 樹林化に対する効果を検討した。その結果, カシ類などの常緑広葉樹林成立を目的とした法面では, 周囲から継続的に木本類が侵入して優占していた。これに対して木本ハギ類やイネ科牧草類を播種した場合, これらが完全に法面を被覆して木本類の侵入が困難な状況を呈していた。今回の発表では, これらを比較して, 法面への …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 28(1), 139-142, 2002-08-31

    J-STAGE  References (3) Cited by (2)

  • 1 / 3
Page Top