猪内 正雄 Shishiuchi Masao

ID:1000010003782

岩手大学演習林(元) (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 46

  • 1 / 3
  • 演習林を利用して行った試験研究の整理 (御明神演習林開設100周年記念特別号) -- (100周年記念特集)  [in Japanese]

    猪内 正雄

    Bulletin of the Iwate University Forests (-), 26-36, 2006-03

  • Note of debate  [in Japanese]

    猪内 正雄 , 立川 史郎 , 後藤 純一 , 酒井 秀夫 , 深澤 光 , 小池 浩一郎

    Journal of the Japan Forest Engineering Society 18(2), 125-127, 2003-08-15

  • An economic effect of site preparation by a flail-more type chipper  [in Japanese]

    KASAHARA Hajime , SHISHIUCHI Masao

    地拵作業コストの削減とチップ化された伐根や林地残材などによる下草の成長抑制効果を期待して,自走式伐根処理機による地拵作業試験を行った。試験の結果,人力作業と比較して生産性は約4倍,作業経費は同程度であることが分かった。また,伐根処理をすることにより自走式刈払機を導入することが容易になり,この場合の経費を試算した結果,従来作業の約50%の削減が可能であることが分かった。

    Tohoku Journal of Forest Science 8(2), 102-107, 2003

    J-STAGE 

  • Stand structure change by selective cutting in a Hiba natural forest  [in Japanese]

    Sawaguchi Isao , Shishiuchi Masao , Tatsukawa Shiro , Uno Hiroko

    Bulletin of the Iwate University Forests (33), 11-20, 2002-03

    JASI 

  • The extraction of disturbed areas in forestland by panchromatic aerial photography : An introduction of the quartic regression classification method to digital orthophotography  [in Japanese]

    SAWAGUCHI Isao , MURAKAMI Hisanori , SHISHIUCHI Masao , TATSUKAWA Shiro

    パンクロマチック空中写真は,簡易デジタルオルソフォトがGIS技術の進展で比較的容易に作成できることから,今後活用が期待される。本研究では,森林域でパンクロマチック空中写真による画像分類に,比較的簡易な画像分類手法である教師無し分類法に着目して4次回帰式による分類法を考案し,集材路作設による林地攪乱域の抽出とその植生回復過程の解析に導入した。4次回帰式法による分類精度の誤差は1.18m(2pixel …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 17(2), 53-60, 2002

    J-STAGE  References (17)

  • Mechanizing operations to improve the profitability of the forestry industry  [in Japanese]

    KASAHARA Hajime , SHISHIUCHI Masao

    林業収支が均衡するような作業コストの改善目標を求めて,その条件を満たす可能性のある機械化作業システムについて検討した。林業収支の実態分析の結果,利率3%で林業収支を均衡させるには,伐出費(運材費を除く)を現在作業条件の良好な場所で達成可能な5,000円/m^3(皆伐作業と間伐作業の平均)とすると,現在の造林費180〜360万円を約50%削減する必要があることが分かった。この目標を達成する造林作業に …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 17(3), 123-130, 2002

    J-STAGE  References (12) Cited by (1)

  • 森林作業の機械化が森林環境にどんな影響を及ぼすのか  [in Japanese]

    猪内 正雄

    森林科学 : 日本林学会会報 32, 25-33, 2001-06-01

  • Damage to a residual stand from selective cutting in a Hiba natural forest.  [in Japanese]

    SAWAGUCHI Isao , UNO Hiroko , SHISHIUCHI Masao , TATSUKAWA Shiro

    ヒバ天然林択伐作業による残存木損傷について解析した。解析にはGISが用いられた。トラクタ全幹集材システムでの作業の結果,残存木損傷は本数率で22.5%に達し,そのほぼ半数は生育見込みのない損傷であった。しかし生育見込みなしとされた材積は,全材積の2.6%にすぎなかった。損傷は,残存ヒバの大小に関係なく発生した。損傷種類は倒伏,幹折,樹幹辺材部露出の順で,この3種類で89.7%を占めた。損傷の主要原 …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 16(2), 83-92, 2001

    J-STAGE  References (16) Cited by (3)

  • The effect of stand conditions on positioning precision with real-time DGPS.  [in Japanese]

    SAWAGUCHI Isao , WATANABE Satoru , SHISHIUCHI Masao

    森林内でコード方式のDGPSを行い測位率,測位精度,測位精度に影響を及ぼす要因についてPrecisionデータを基に解析した。無効測位は全データの23.1%を占めた。3D測位率と無効測位率の関係は極めて高かった。2次元空間(X,Y)における測点の平均値での測位精度は,3Dで3.27m(CEP_<95>),2Dで4.00m(CEP_<95>)となり,3Dは2Dに対して1m程度 …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 16(1), 35-42, 2001

    J-STAGE  References (8) Cited by (6)

  • 森林作業の機械化が森林環境にどんな影響を及ぼすのか  [in Japanese]

    猪内 正雄

    Shinrin Kagaku 32(0), 25-33, 2001

    J-STAGE 

  • Damage to a residual stand from line thinning by a harvester-forwarder logging system  [in Japanese]

    SAWAGUCHI Isao , SHISHIUCHI Masao , KIKUCHI Tomohisa

    高性能林業機械システムによる列状間伐は間伐不振の有効な打開策と考えられる。本研究では,伐採列数の異なる列状間伐試験地にハーベスタ・フォワーダシステムを導入して,残存立木に与える損傷について考察した。損傷率は,全ての損傷を数えた最大値で1伐3残方式10.7%,2伐5残方式32.6%であった。損傷の93.2%がハーベスタ作業で生じ,その2/3は枝払・玉切で起きた。損傷種類は辺材部軽損傷が77.3%で多 …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 15(1), 33-42, 2000

    J-STAGE  References (12) Cited by (1)

  • 岩手大学だより  [in Japanese]

    SHISHIUCHI Masao

    Journal of the Japan Forest Engineering Society 14(1), 57-60, 1999-04-15

  • Symposium on mechanization of forest operations in the Tohoku region  [in Japanese]

    SATOU Heisuke , SHISHIUCHI Masao

    Tohoku Journal of Forest Science 4(2), 39-43, 1999

    J-STAGE 

  • Repot on symposium of the Japan Forest Engineering Society in 1998  [in Japanese]

    KASHIMA Jun , 酒井 秀夫 , 辻井 辰雄 , 大川 了 , 伊藤 信郎 , 長谷川 香織 , 影山 一郎 , 田中 万里子 , 田坂 聡明 , 峰松 浩彦 , 猪内 正雄 , 後藤 純一 , 福田 章史 , 小野 耕平 , 大橋 五郎 , 井上 章二

    Journal of the Japan Forest Engineering Society 13(2), 121-124, 1998-08-15

  • モービルタワーヤーダ用搬器の試作研究  [in Japanese]

    Ippongi Takashi , Shishiuchi Masao , Mizuguchi Keiei

    演習林業務資料 20, 1-4, 1998-03-27

  • 新刊案内:「豊かな森へ」、「森が語るドイツの歴史」  [in Japanese]

    猪内 正雄 , 上飯坂 實

    Tohoku Journal of Forest Science 2(1), 45-45, 1997

    J-STAGE 

  • Study on the construction of a low-structure road for small forest vehicles:: A case study of small scale forestry  [in Japanese]

    TATSUKAWA Shiro , SHISHIUCHI Masao , CHIDA Keisuke

    路網密度約250m/haという高密度作業路網を用いて,小型四輪駆動車による森林管理作業や小型運材車による間伐作業を行なっている小規模林業経営体について,独自の方法により開設された低規格作業道の路体とのり面の安定性及び路面の排水性に関する調査を行なった。開設後4年目に比べて20年目の区間の方が,路盤上層部の細粒分割合が多くなり,20年目の路床のコーン指数は4年目に比べてかなり高かった。また切土のり面 …

    Tohoku Journal of Forest Science 2(1), 15-20, 1997

    J-STAGE 

  • The expected economic advantage of a new hybrid harvesting machine

    MAC DONNCADHA Myles , SHISHIUCHI Masao

    伐採面積の小規模化,要間伐林分の増加,林業労働力の減少などの条件が進むなかで,特に傾斜地におけるタワーヤーダおよびプロセッサによる全木集材の有効性が大きくなっている。宮城県登米町における2か所の間伐集材作業を分析した結果,プロセッサ作業に待ち時間が生じることがわかった。この待ち時間による集材コストの増加は,たとえば,集材距離60mの列状間伐作業の場合,1時間あたり2,500-3,000円になるもの …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 12(3), 173-182, 1997

    J-STAGE  References (4)

  • In celebration of the first publication of the Tohoku Journal of Forest Science  [in Japanese]

    Shishiuchi Masao

    Tohoku Journal of Forest Science 1(1), 1-2, 1996

    J-STAGE 

  • 森林作業と森林環境  [in Japanese]

    猪内 正雄

    Shinrin Kagaku 18(0), 58, 1996

    J-STAGE  Cited by (1)

  • 1 / 3
Page Top