宇都宮 敏男 Utsunomiya Toshio

ID:1000010010620

東京大学 University of Tokyo (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 134

  • EMERGENCE OF EDUCATION TECHNOLOGY IN JAPAN : A Recollection and its Study  [in Japanese]

    UTSUNOMIYA Toshio

    戦後日本の荒廃から立ち直る過程での教育工学の創成の1965年頃を想起し、当時の周辺事情を考察しつつ、連合軍総司令部の支援と、主に電気工学関連の多くの先駆者たちの努力を賞賛した。筆者も一定の貢献をした。ついで現在の教育工学と対比しつつ将来の可能性について筆者の期待を表明する。筆者の歩んできた医用生体工学との概念的類似性にも言及する。

    IEICE technical report 108(55), 7-10, 2008-05-23

    References (5)

  • Consciousness Space in Brain  [in Japanese]

    Utsunomiya Toshio

    The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 58(9), ふぉーかす, 2004-09-01

  • Eassy Image Information Media in 21st Century(2 Image Information Media in 21st Century)(Special Issue The 50th Anniversary of the ITE)  [in Japanese]

    Aoki Tioshiharu , Inose Hiroshi , Uenohara Michiyuki , Utsunomiya Toshio , Enomoto Hajime , Endo Keiji , Ogata Kenji , Kaneko Hisashi , Kimura Etsuro , Kuno Hisao , Saito Tadao , Sakamura Ken , Sawasaki Kenichi , Sawabe Eiichi , Shimomura Naohisa , Shirai Yoshiaki , Takagi Noboru , Takahashi Ryo , Tazaki Saburo , Tanimoto Masayuki , Tamura Hideyuki , Tsukada Keiichi , Terada Hiroaki , Nakatsu Ryohei , Nakamura Yoshiro , Nishizawa Junichi , Nishizawa Taiji , Noguchi Syoichi , Hatori Mitsutoshi , Hayashi Kozo , Hiwatashi Kenji , Fukinuki Takahiko , Mizuno Hiroyuki , Miya Kenichi , Miyahara Makoto , Mushiake Yasuto , Murai Jun , Morita Kiyoshi , Moriwaki Yoshio , Yasuda Yasuhiko

    The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 54(4), 516-526, 2000-04-20

  • Television in 21st Century : Prediction of 1970 and Today and Future(abstract)Television in 21st Century(1970)  [in Japanese]

    AIZAWA Kiyoharu , 高柳 健次郎 , 丹羽 保次郎 , 小林 宏治 , 野村 達治 , 井深 大 , 新川 浩 , 木村 六郎 , 宇都宮 敏男 , 石橋 俊夫 , 青木 昌治 , 加納 顕一

    The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 54(4), 514-515, 2000-04-20

  • Improvement of efficiency and reliability for externally-coupled transcutaneous energy transmission system  [in Japanese]

    Shiba K , Miyasaka K , Koshiji K , Shu E , Utsunomiya T , Tsukahara K , Tsuchimoto K , Ohu-mi T , Ohno T , Masuzawa T , Tatsumi E , Taenaka Y , Takano H

    人工心臓を完全埋込として動作させるために体外から体内にワイヤレスでエネルギー供給する体外結合型経皮エネルギー伝送システム(Externally-Coupled Transcutaneous Energy Transmission System,ECTETS)がある。本報告では、DC-DCエネルギー伝送効率をさらに向上させることによって、各部の温度上昇を抑え、信頼性の向上を図った。体外コイルの装着ず …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1996年.情報・システム, 92, 1996-09-18

  • Driving electrohydraulic total artificial heart and charging rechargeable backup battery inside body using externally-coupled transcutaneous energy transmission system  [in Japanese]

    SHIBA K. , KOTA H. , YASUE H. , KOSHIJI K. , SHU E. , UTSUNOMIYA T. , TSUKAHARA K. , TSUCHIMOTO K. , OHU-MI T. , FUJIMAKI T. , TAKAHASHI K. , OHNO T. , MASUZAWA T. , TATSUMI E. , TAENAKA Y. , TAKANO H.

    電磁誘導作用により経皮的に体外から体内にエネルギー供給する体外結合型経皮エネルギー伝送システム(ECTETS)を用いて電気油圧駆動方式完全埋込み型人工心臓を駆動させた. その結果, 抽出流量は, 3.8L/min(40bpm)〜8.0L/min(90bpm)であり, ECTETSのDC-DCエネルギー伝送効率は76〜86%であった. また, ECTETSにより人工心臓の駆動(30Ω模擬負荷使用)と …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 95(596), 85-90, 1996-03-18

    Ichushi Web References (10)

  • Extraction of 3-D Information from Image Sequence : A Study on Initial Values of 3-D Rotation Parameters  [in Japanese]

    Nagaoka Nobuharu , Itoh Susumu , Utsunomiya Toshio

    我々は先に,運動の滑らかさ拘束を適用し,かつ複数のフレームを反復的に処理することで3次元情報を抽出する手法を提案した.しかし,この手法では物体の動きに回転連動が含まれる場合,物体の3次元情報を精度良く抽出することができなかった.そこで本稿では,前処理として動物体の回転パラメータの近似値を求め,これを上記の抽出法の初期値とすることにより3次元情報の抽出精度を改善したので報告する.

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.情報・システム(2), 362, 1996-03-11

  • Image Restoration by the Maximum A Posteriori Estimation Using Clustering : A Study on Setting the Number of Clusters  [in Japanese]

    Okazawa Atsushi , Itoh Susumu , Utsunomiya Toshio

    MAP推定(最大事後確率推定)による画像復元では、原画像の確率密度関数(PDF)が必要となる。我々は先に, LBGアルゴリズムによるクラスタリングを用いて、PDFを推定する方法を提案したが、この方法ではクラスタ数を予め設定する必要がある。そこで本稿は、クラスタリングの良否を評価する関数を導入することにより、画像に応じて適応的にクラスタ数を設定する方法を提案し、これを用いたMAP推定による画像復元を …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.情報・システム(2), 163, 1996-03-11

  • The Reversible Coding Scheme Using Chain Coding for Map Data : A Study on Performance Improvement  [in Japanese]

    Miyamot Goh , Matsuda Ichiro , Itoh Susumu , Utsunomiya Toshio

    カーナビゲーションシステム等の地図画像データベースにおいては,大量の画像を扱うため圧縮率の高い蓄積方式が望まれる.我々は先に,地図画像を道路部分と背景部分に分離し,各々を独立にチェイン符号化することで,高能率に可逆圧縮する手法を提案し,更に道路の分岐状態を表現し得る符号の導入により圧縮率の改善を図った.本稿では,この分岐符号をより有効に利用するために道路の細線化処理を改良すると共に,エントロピー符 …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.情報・システム(2), 85, 1996-03-11

  • Reversible Predictive Coding of Color Still Images Based on Adaptive Selection of Variable-Length-Codes  [in Japanese]

    Kobayashi Masayuki , Andoh Masashi , Itoh Susumu , Utsunomiya Toshio

    我々が先に提案した可逆予測符号化方式[1][2]は,8bitのモノクローム画像を高能率に符号化することができる.本稿では,この方式のカラー静止画像符号化への拡張について検討し,その符号化性能を評価する.

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.情報・システム(2), 84, 1996-03-11

  • A Study on Speeding up of Warping Prediction with Variable-Size-Blocks  [in Japanese]

    Ueno Hatsuhito , Kimura Seiji , Inoue Masayuki , Itoh Susumu , Utsunomiya Toshio

    筆者らは先に,Warping予測の性能向上を目的として可変ブロックサイズに基づいた動き補償方式を提案した.この方式では,代表ベクトルの修正を反復処理により実行しているため演算量が増大する傾向があった.そこで本稿では,ベクトル内挿演算を高速化する手法に関して検討を行ったので報告する.

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.情報・システム(2), 16, 1996-03-11

  • Charging and discharging control of rechargeable backup-battery for a totally implantable artificial heart-Characteristics of lithium ion rechargeable battery  [in Japanese]

    YASUE H. , SHIBA K. , KOSHIJI K. , SHU E. , UTSUNOMIYA T. , OHNO T. , ASUZAWA T. , TATSUMI E. , TAENAKA Y. , TAKANO H.

    人工臓器 25(1), 25-30, 1996-02-25

    Ichushi Web References (8) Cited by (7)

  • Driving of Electrohydraulic Total Artificial Heart Using Externally-Coupled Transcutaneous Energy Transmission System  [in Japanese]

    SHIBA Kenji , KOTA Hideaki , YASUE Hitoshi , KOSHIJI Kohji , SHU Eimei , UTSUNOMIYA Toshio , TSUKAHARA Kinji , TSUCHIMOTO Katsuya , OH-UMI Takeharu , FUJIMAKI Tetsuya , TAKAHASHI Katsumi , OHNO Takashi , MASUZAWA Toru , TATSUMI Eisuke , TAENAKA Yoshiyuki , TAKANO Hisateru

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会 1996(1), 65-73, 1996-02-09

    References (6) Cited by (4)

  • Externally-Coupled Transcutaneous Energy Transmission Considering Charge of Rechargeable Backup-Battery for a Totally Implantable Artificial Heart  [in Japanese]

    SHIBA Kenji , KOTA Hideaki , YASUE Hitoshi , KOSHIJI Kohji , SHU Eimei , UTSUNOMIYA Toshio , OHNO Takashi , MASUZAWA Toru , TATSUMI Eisuke , TAENAKA Yoshiyuki , TAKANO Hisateru

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会 1996(1), 55-63, 1996-02-09

    References (4) Cited by (4)

  • Charging and Discharging Control of Rechargeable Backup-Battery for a Totally Implantable Artificial Heart : Suppression of Heat Generation in Charging  [in Japanese]

    YASUE H. , UKAI Y. , SHIBA K. , KOSHIJI K. , SHU E. , UTSUNOMIYA T. , OHNO T. , MASUZAWA T. , TATSUMI E. , TAENAKA Y. , TAKANO H.

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会 1996(1), 19-27, 1996-02-09

    References (4) Cited by (6)

  • An Extraction Method of 3-D Information from Image Sequence  [in Japanese]

    NAGAOKA Nobuharu , ITOH Susumu , UTSUNOMIYA Toshio

    我々は先に, 動画像系列における特徴点の対応関係から透視変換モデルを用いて3次元情報を抽出する手法を提案した. しかし, この手法では物体の動きに回転運動が含まれている場合, 3次元情報を精度良く抽出することができなかった. そこで本稿では, 前処理として動物体の3次元回転パラメータの近似値を, 複数枚のフレームから消失点の性質に基づいて算出し, この値を先に提案した抽出法の初期値にすることで, …

    IEICE technical report. Image engineering 95(503), 43-48, 1996-02-01

    References (6)

  • A Motion Compensation Method Based on Voronoi Diagrams  [in Japanese]

    ITOH Tetsuya , MATSUDA Ichiro , ITOH Susumu , UTSUNOMIYA Toshio

    任意形状の領域分割に基づいた動き補償方式では, 各領域の動き情報を単一の動きパラメータで表現し得るため, ブロック歪等の画質劣化要因を大幅に低減できるが, 領域形状の記述に多くの情報を要す. そこで本稿では, ボロノイ図に基づいた動き補償方式を提案する. ボロノイ図は母点の位置情報のみから一意に再構成されるため, 領域形状を比較的低レートで符号化できる. また提案方式では, Simulated a …

    IEICE technical report. Image engineering 95(503), 21-26, 1996-02-01

    References (7) Cited by (1)

  • An Efficient Reversible Coding Scheme of Map Data for Car Navigation  [in Japanese]

    MIYAMOTO Goh , MATSUDA Ichiro , ITOH Susumu , UTSUNOMIYA Toshio

    本稿では, カーナビゲーション用のディジタル地図画像を高能率に可逆圧縮する手法について報告する. この方式では道路部分と背景領域を分離した後, 各々の性質に適合した異ったチェイン符号化を使用している. この際, 道路部分では細線化処理により符号化対象画素数を削減すると共に, 飛び越しや分岐状態を表現し得る符号を新たに付加して道路の開始点数を削減している. また, 得られたチェイン系列は予測順位変換 …

    IEICE technical report. Image engineering 95(503), 15-20, 1996-02-01

    References (5)

  • Future of "Electronic Picture Technology"  [in Japanese]

    Utsunomiya Toshio

    The Journal of the Institute of Television Engineers of Japan 00050(00001), 1, 1996-01-20

  • An Extraction Method of 3-D Information from Image Sequence  [in Japanese]

    NAGAOKA Nobuharu , ITOH Susumu , UTSUNOMIYA Toshio

    我々は先に, 動画像系列における特徴点の対応関係から透視変換モデルを用いて3次元情報を抽出する手法を提案した.しかし, この手法では物体の動きに回転運動が含まれている場合, 3次元情報を精度良く抽出することができなかった, そこで本稿では, 前処理として動物体の3次元回転パラメータの近似値を, 複数枚のフレームから消失点の性質に基づいて算出し, この値を先に提案した抽出法の初期値にすることで, 3 …

    ITE Technical Report 20(4), 43-48, 1996

    J-STAGE References (6) Cited by (1)

Page Top