小林 和夫 KOBAYASHI Kazuo

ID:1000010021586

大阪工業大学 工学部 都市デザイン工学科 (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 38

  • 1 / 2
  • 鋼トラス桁を埋設したPC合成断面部材のせん断卓越型設計条件下での耐荷性能  [in Japanese]

    尾崎 智 , 堀川 智司 , 小林 和夫 , 井上 晋

    プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集 13, 407-412, 2004-09-24

    References (5)

  • Flexural and Shear Properties of PRC Beams using High-Performance Lightweight Concrete under Reversed Cyclic Loads  [in Japanese]

    KIMURA Makoto , INOUE Susumu , KOBAYASHI Kazuo

    プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集 12, 681-684, 2003-09-25

    References (3)

  • Fundamental Properties of Prestressed Concrete Continuous Beams Using High-performance Lightweight Concrete  [in Japanese]

    WACHI Takahiro , KOBAYASHI Kazuo , INOUE Susumu

    プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集 12, 677-680, 2003-09-25

    References (4)

  • Flexural properties of steel prestressed concrete composite section beams  [in Japanese]

    OZAKI Satoru , HORIKAWA Satoshi , KOBAYASHI Kazuo , INOUE Susumu

    プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集 12, 265-268, 2003-09-25

    Cited by (1)

  • Flexural and Shear Behavior of Reinforced Concrete Beams Damaged by Alkali-Silica Reaction under Reversed Cyclic Loads  [in Japanese]

    INOUE Susumu , MIKATA Yasuhiro , KOBAYASHI Kazuo , NIEDA Tamotsu

    Flexural and shear behavior of reinforced concrete beams damaged by alkali-silica reaction (ASR) was investigated under monotonous and reversed cyclic loads, mainly focused on the shear resistant mech …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 00050(00008), 883-888, 2001-08-15

    J-STAGE  References (5)

  • PRCはり部材の正負交番繰返し荷重下におけるせん断耐荷特性に関する研究  [in Japanese]

    三方 康弘 , 井上 晋 , 小林 和夫 , 仁枝 保

    本研究では,プレストレス量,せん断補強筋量,PC鋼材の付着の有無を要因として,曲げ破壊先行型9体,せん断破壊先行型6体の合計15体の矩形断面PRCはり供試体の載荷試験を実施し,正負交番繰返し荷重下におけるコンクリート負担せん断力の低下メカニズムなどのせん断耐荷特性,曲げ耐荷特性ならびに全変形量に占める曲げ変形量とせん断変形量との割合に関して検討を行った。

    コンクリート工学年次論文報告集 23(3), 949-954, 2001-06-01

    NDL Digital Collections  References (5)

  • EFFECT OF PRESTRESS ON SHEAR CAPACITY OF PRESTRESSED CONCRETE BEAMS  [in Japanese]

    MIKATA Yasuhiro , INOUE Susumu , KOBAYASHI Kazuo , NIEDA Tamotsu

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 669, 149-159, 2001-02-20

    References (15) Cited by (3)

  • Prestressed Concrete Girder Bridge with Corrugated Steel Plate Webs (NAKANO Viaduct) : Lateral Experiment Loaded Statically of Full Scale Model  [in Japanese]

    SUZUKI Shin , IGUCHI Hitoshi , KURAMOTO Osamu , KOBAYASHI Kazuo

    プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集 10, 865-870, 2000-10-10

    References (8)

  • The Abstract of the Design of Prestressed Concrete Girder Bridge with Corrugated Steel Plate Webs (Part 2 of Construction in NAKANO Viaduct)  [in Japanese]

    TANAKA Hironori , KOBAYASHI Hiroshi , TAKAOKA Tsutomu , KOBAYASHI Kazuo

    プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集 10, 859-864, 2000-10-10

    References (4)

  • The Abstract of the Design of Prestressed Concrete Girder Bridg with Corrugated Steel Plate Webs (Part 1 of Construction in NAKANO Viaduct)  [in Japanese]

    YAMANAKA Keisuke , YAMAMOTO Masataka , SUZUKI Makoto , KOBAYASHI Kazuo

    プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集 10, 1-6, 2000-10-10

    References (11) Cited by (1)

  • A Study on Bending and Shear Properties of Prestressed Reinforced Concrete Continuous Beams  [in Japanese]

    MIKATA Yasuhiro , KOBAYASHI Kazuo , INOUE Susumu , NIEDA Tamotsu

    PRC連続はり部材の曲げひび割れ幅,たわみ,終局曲げ耐力,曲げモーメント再分配挙動などの曲げ耐荷特性ならびに終局せん断耐力,スターラップひずみなどのせん断耐荷特性に関する設計上の基礎的資料を得るため,ここでは,プレストレッシング度を0.5程度に設定した2スパンのPRC連続はり供試体の載荷試験を実施し,主としてPC鋼材付着の有無やコンクリート強度の影響について検討した。

    コンクリート工学年次論文報告集 22(3), 805-810, 2000-06-01

    NDL Digital Collections  References (7)

  • A Study on the Resistance of the High Strength Concrete Used Ground Granulated Blast-Furbace Slag for Ice-Melting Additives  [in Japanese]

    DAN Yasuhiro , YOSHITOMI Yasuharu , KOBAYASHI Kazuo

    近年,融氷剤として使用される塩化カルシウムや塩化ナトリウムによるコンクリート構造物の劣化が顕在化してきている。特に,鉄筋コンクリートやプレストレストコンクリートでは融氷剤中の塩分により鋼材が腐食すると,大きな被害が生じるおそれがある。本研究では,特に高強度コンクリートを対象として,塩化物の浸透抑制に効果が認められている高炉スラグ微粉末を混和材として使用し,融氷剤による劣化に関する実験を行った。その …

    コンクリート工学年次論文報告集 22(1), 73-78, 2000-06-01

    NDL Digital Collections  References (4)

  • Experimental Study on the Behavior of the Footing under Seismic Forces  [in Japanese]

    MIZUTA Takashi , FUJII Yasuo , KOUSA Kenji , KOBAYASHI Kazuo

    阪神高速道路公団3号神戸線は兵庫県南部地震により多数の橋脚が損傷した。今回の地震による損傷箇所の特徴としては,橋脚柱の損傷事例に比して基礎構造物,特にフーチングの損傷が比較的軽微であったことが挙げられる。本実験は,その中でも実際にフーチングの損傷が生じた実橋脚の縮小模型供試体を作成し,その破壊メカニズムを把握するため再現実験を行った。その結果,実験によるひびわれ発生形態は,実橋と同様な傾向を示し, …

    コンクリート工学年次論文報告集 21(3), 1255-1260, 1999-06-01

    NDL Digital Collections  References (1)

  • Study on Fundamental Load Carrying Behavior of Prestressed Reinforced Concrete Continuous Beams  [in Japanese]

    ONO Yoshihiro , KOBAYASHI Kazuo , INOUE Susumu , NIEDA Tamotsu

    ポストテンション方式の2スパンPRC連続はりに対して曲げ載荷試験を実施し、曲げひび割れ幅、たわみ、鋼材やコンクリートひずみ、終局最大耐力、曲げひび割れ発生以降から始まる曲げモーメントの再分配挙動などを同一鋼材配置のRC連続はりと比較するとともに、非線形辞析による検討を実施した。その結果、PRCはりではプレストレス効果によりRCはりに比べて曲げひび割れ幅やたわみが減少することなどが示された。

    コンクリート工学年次論文報告集 21(3), 967-972, 1999-06-01

    NDL Digital Collections  References (6)

  • EVALUATION OF SHEAR STRENGTH OF RC BRIDGE PIERS USING MODIFIED COMPRESSION FIELD THEORY  [in Japanese]

    KOSA Kenji , KOBAYASHI Kazuo , YASUDA Furitsu , MIZUTA Takashi

    水平載荷試験された実橋RC橋脚, 1/3スケールの大型RC模型実験および被災RC実橋脚を対象に, 修正圧縮場理論によるせん断耐荷力の解析的検討を行い, 実RC橋脚レベルへの適用性を検討した.<br>その結果, いずれの解析結果も実験結果と全般的に比較的よく一致すること, また主鉄筋の降伏以降から最大荷重に至るまで, コンクリートの分担せん断抵抗が減少する傾向が認められた. さらに種々の …

    Doboku Gakkai Ronbunshu 620, 71-81, 1999-05-20

    J-STAGE  References (6) Cited by (1)

  • Repair and Strengthening of Prestressed Concrete Structures  [in Japanese]

    Kobayashi Kazuo

    我が国でPC構造物が建設されてから50年近くが経過し, 既存のPC構造物にはかなり長期間供用されてきたものも多く, 補修や補強を必要とするものが増加している。このため, 今後は適切に維持管理し, 補修や補強を行うことが非常に重要となる。PCは種々の優れた特性から適用分野は広いが, ここではその約8割を占める橋りょうを中心に劣化損傷と調査方法および補修・補強の現状を述べ, 併せて補修・補強へのプレス …

    Concrete Journal 37(2), 3-9, 1999-02-01

    J-STAGE  References (35)

  • 3115 Study on Load Carrying Behavior of Prestressed Concrete Continuous Beams Using High-Strength Concrete  [in Japanese]

    ONO Yoshihiro , KOBAYASHI Kazuo , INOUE Susumu , NIEDA Tamotsu

    コンクリート工学年次論文報告集 20(3), 685-690, 1998-06-01

    NDL Digital Collections  References (4)

  • 3054 Effects of Prestressing Force on Shear Capacity of Prestressed Concrete Beams without Shear Reinforcement  [in Japanese]

    MIKATA Yasuhiro , INOUE Susumu , KOBAYASHI Kazuo , NIEDA Tamotsu

    本研究では,断面下縁のプレストレス量ならびに断面内のプレストレス分布を変化させたせん断補強筋を配置していないPCはり部材の載荷試験を行い,コ.ンクリートが負担するせん断力に及ぼすプレストレスの効果について,実験的に検討した。また,種々のせん断耐力式ならびに修正圧縮場理論を用いてせん断耐力を算定し,実験値と比較検討することにより,各種耐力式の評価を試みた。

    コンクリート工学年次論文報告集 20(3), 319-324, 1998-06-01

    NDL Digital Collections  References (8) Cited by (1)

  • 3053 Effects of Prestressing Force on Shear Behavior of Prestressed Reinforced Concrete Beam Members  [in Japanese]

    SHIME Keizo , INOUE Susumu , KOBAYASHI Kazuo , NIEDA Tamotsu

    せん断破壊先行型のT形断面PRCはり部材において,せん断補強筋の有無,コンクリート強度および断面下縁のプレストレスレベルの大きさがせん断ひび割れ耐力,終局耐力,破壊性状などの基本的せん断耐荷特性に及ぼす影響を静的載荷試験によって検討した。特に,上述の要因がコンクリートおよびせん断補強筋の分担せん断力に及ぼす影響を,修正圧縮場理論による解析結果とあわせて比較・検討した。その結果,修正圧縮場理論は,コ …

    コンクリート工学年次論文報告集 20(3), 313-318, 1998-06-01

    NDL Digital Collections  References (4) Cited by (1)

  • ULTIMATE BEHAVIOR OF PRESTRESSED CONCRETE BEAMS WITH COMBINED EXTERNAL AND INTERNAL CABLES  [in Japanese]

    KOSA Kenji , FUJII Manabu , KOBAYASHI Kazuo , AWANE Satoshi

    内外併用ケーブル方式PC橋においては, 内外ケーブル比率が終局挙動に与える影響が大きく, その影響を十分評価する必要がある. そこで, 内外ケーブル比率, 荷重載荷幅, ケーブル固定長などをパラメーターとした実験および解析を実施した. その結果, 終局耐力は外ケーブル比率に比例してほぼ直線的に低下すること, フレームモデルを用いた解析と実験結果は一致する挙動を示すことが明らかとなった. しかしなが …

    Doboku Gakkai Ronbunshu 571, 79-89, 1997-08-20

    J-STAGE  References (16) Cited by (1)

  • 1 / 2
Page Top