関口 秀夫 Sekiguchi Hideo

Articles:  1-20 of 101

  • 書評 里海創生論 柳哲雄著  [in Japanese]

    関口 秀夫 , 三重大生物資源

    Oceanography in Japan 20(2), 2, 2011-03

  • Mechanisms determining benthic adult distributions of estuarine and coastal crabs: ecological implications of megalopae  [in Japanese]

    Sekiguchi Hideo

    汽水・沿岸域の各種のカニの分布が決定される機構,すなわち成体・親ガニの分布特徴が生活史の中のいずれの段階において決定されているのかを検討した.本論文では,生活史とくに初期生活史の知見がある程度揃っている本邦および外国産の7種のカニ類,アオガニ,タイワンガザミ,ガザミ,ノコギリガザミ,ヨーロッパミドリガニ,アメリカイチョウガニ,ラスバンマメガニを扱った.種によって成体・親ガニの分布を決定する機構は異 …

    Bulletin on coastal oceanography 47(2), 155-172, 2010-02

    NDL Digital Collections 

  • Clam fisheries in the Kiso estuaries of Ise Bay, central Japan, as related to water catchment management policy  [in Japanese]

    Sekiguchi Hideo , Mizuno Tomomi

    汽水産のヤマトシジミは,伊勢湾奥部に流入する木曽三川の汽水域においては,とくに重要な漁業対象種である.漁業組合による種々の漁獲規制にも拘らず,過去数十年間にわたって本邦全体のシジミ類の漁獲量(その99%はヤマトシジミ)は急激に減少を続けており,恐らくは沿岸域における富栄養化の進行がこれに関係している.木曽三川の汽水域のヤマトシジミについても,同様のことが当てはまり,1970年代後半のハマグリ資源の …

    Bulletin on coastal oceanography 46(2), 185-206, 2009-02

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • Dispersal of planktonic larvae of marine benthic invertebrates and its implication  [in Japanese]

    Sekiguchi Hideo

    海産無脊椎動物の産卵型と幼生発生・発育型を整理し,次に海産底生無脊椎動物の浮遊幼生の分散・回帰と浮遊幼生の有効・無効分散を概観し,これに基づいて浮遊幼生の着底および加入と浮遊幼生の生態学的意義について議論を展開した.とくに浮遊幼生の生態学的意義については,イセエビ(甲殻十脚類)やハコボラ(腹足類),ラスバンマメガニ(カニ類),アサリやヤマトシジミ(二枚貝類)の浮遊幼生の分散と幼生加入についての具体 …

    Bulletin on coastal oceanography 46(2), 85-100, 2009-02

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • Four scyllarine species (Decapoda: Scyllaridae: Scyllarinae) : two in first record and two rare in Japanese waters  [in Japanese]

    Sekiguchi Hideo , Kimura Shouichi , Inoue Nariaki

    Specimens of scyllarine species (Decapoda: Scyllaridae: Scyllarinae) were collected using commercial bottom trawl nets from several sites with 50-100 m depths in the shelf water region of the Enshu-na …

    Taxa, Proceedings of the Japanese Society of Systematic Zoology 26(0), 1-11, 2009

    J-STAGE  References (24)

  • Mysterious deep sea isopod-giant bathynomid isopods  [in Japanese]

    井上 誠章 , 関口 秀夫

    The bulletin of the Graduate School of Bioresources, Mie University (35), 124-130, 2008-12

  • アサリ資源研究の新しい視点 : 幼生加入過程  [in Japanese]

    関口 秀夫

    日本水産学会大会(日本農学大会水産部会)講演要旨集 = Abstracts for the annual meeting of the Japanese Society of Fisheries Science 2008(1), 320, 2008-03-27

  • On Japanese names of three types of "Panulirus longipes femoristriga" specimens (Crustacea: Decapoda: Palinuridae) in Japan  [in Japanese]

    Sekiguchi Hideo

    Japanese spiny lobster "Kanoko-iseebi" previously identified as Panulirus longipes femoristriga (von Martens, 1872) was well known to have three types of color variation. Recently these colo …

    Taxa, Proceedings of the Japanese Society of Systematic Zoology 25(0), 25-27, 2008

    J-STAGE  References (16) Cited by (1)

  • Population dynamics of mantis shrimp Oratosquilla oratoria in Ise Bay, central Japan  [in Japanese]

    NARITA TERUYOSHI , GANMANEE MONTHON , SEKIGUCHI HIDEO , MONTHON GANMANEE , HIDEO SEKIGUCHI , 三重大学生物資源学部 , 三重大学生物資源学部 , 三重大学生物資源学部 , Faculty of Bioresources Mie University , Faculty of Bioresources Mie University , Faculty of Bioresources Mie University

    伊勢湾のシャコの個体数,生物量の季節・年変動および個体数の時空間分布,浮遊幼生と稚シャコの出現時期を調べた。個体数と生物量は,夏季の貧酸素水塊によって減少し,秋季から翌年の春季にかけて再び増加した。浮遊幼生は主に夏季から秋季に出現し,稚シャコには早期発生群と晩期発生群が認められた。多くの年で早期発生群に由来するコホートが秋季に平均体長約 50 mm で加入した。早期発生群の加入がない年には,翌年の …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 73(1), 18-31, 2007-01-15

    JASI  J-STAGE  References (43) Cited by (1)

  • Population dynamics of a dragonet Repomucenus valenciennei in Ise Bay, central Japan  [in Japanese]

    NARITA TERUYOSHI , GANMANEE MONTHON , SEKIGUCHI HIDEO , MONTHON GANMANEE , HIDEO SEKIGUCHI , 三重大学生物資源学部 , 三重大学生物資源学部 , 三重大学生物資源学部 , Faculty of Bioresources Mie University , Faculty of Bioresources Mie University , Faculty of Bioresources Mie University

    約 10 年間のメガベントス調査試料に基づいて,伊勢湾の優占種であるハタタテヌメリの個体数,生物量の季節・年変動および個体数の時空間分布,稚魚の底生個体群への加入時期を調べた。多くの個体が貧酸素水塊を回避,あるいはそれによって死亡することにより,個体数と生物量は夏季に減少し,秋季から翌年の春季には,回避群の復帰と秋季から冬季に湾奥から湾中央部の水域に着底した新規加入群によって再び増加した。< …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 72(5), 860-872, 2006-09-15

    JASI  J-STAGE  References (31) Cited by (2)

  • Spatio-temporal differentiation of bivalve larval settlement sites in estuarine waters  [in Japanese]

    NANBU RYOGEN , MIZUNO TOMOMI , KAWAKAMI TAKASHI , KUBOTA KAORU , SEKIGUCHI HIDEO , RYOGEN NANBU , TOMOMI MIZUNO , TAKASHI KAWAKAMI , KAORU KUBOTA , HIDEO SEKIGUCHI , 三重大学生物資源学部 , 三重大学生物資源学部:三重県科学技術振興センター水産研究部 , 三重大学生物資源学部 , 三重大学生物資源学部 , 三重大学生物資源学部 , Faculty of Bioresources Mie University , Fisheries Research Division Mie Prefectural Science and Technology Promotion Center , Faculty of Bioresources Mie University , Faculty of Bioresources Mie University , Faculty of Bioresources Mie University

    2001 年から 2004 年に,木曽三川感潮域において,二枚貝類(ヤマトシジミ,アサリ,シオフキ,ホトトギスガイ)の浮遊幼生と着底稚貝の密度変動について調査した。木曽三川では,それぞれの種が密度の著しい季節・年変動を示し,浮遊幼生はホトトギスガイが著しく多く,着底稚貝はヤマトシジミが多くなっていた。また,4 種の二枚貝類の時空間分布をもとに,浮遊幼生の着底場所が種によって異なることが示された。ヤ …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 72(4), 681-694, 2006-07-15

    JASI  J-STAGE  References (20) Cited by (5)

  • Catch fluctuations of the brackish water clam Corbicula japonica in Kiso estuaries, central Japan  [in Japanese]

    MIZUNO TOMOMI , SEKIGUCHI HIDEO , TOMOMI MIZUNO , HIDEO SEKIGUCHI , 三重県科学技術振興センター水産研究部 , 三重大学生物資源学部 , Fisheries Research Division Mie Prefectural Science and Technology Promotion Center , Faculty of Bioresources Mie University

    1996~2002 年の木曽三川のヤマトシジミの漁獲資料を河川別に整理し,日間 CPUE の年平均値を新規加入量の指標として,漁獲量と新規加入量の変動を検討した。揖斐・長良川と木曽川の漁獲量と CPUE は,毎年春季から夏季に増大し,夏季から冬季に減少した。揖斐長良川の年間漁獲量は新規加入量の減少と対応して,減少傾向を示した。木曽川の年間漁獲量は変動が大きいものの減少傾向は見られず,各年の新規加入 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 72(2), 153-159, 2006-03-15

    JASI  J-STAGE  References (16) Cited by (1)

  • Larval Recruitment of the Tropical Mussel Modiolus philippinarum (Bivalvia: Mytilidae) in Seagrass Beds

    Ozawa Hiroyuki , Kimura Taeko , Sekiguchi Hideo

    ホソスジヒバリガイは沖縄本島では主として海草藻場に生息し,隣接する海草のない区域にはほとんど見られない。この海草藻場内外のホソスジヒバリガイの密度差が形成され維持される機構を解明するために,沖縄本島の金武湾の海草藻場内外に定点を設け,各成長段階(浮遊幼生,海底稚貝,小型個体,大型個体)の密度の変動を1年間にわたって調査した。海草藻場内外のホソスジビバリガイの密度差は,浮遊幼生を除いて,各成長段階に …

    Venus (Journal of the Malacological Society of Japan) 65(3), 203-220, 2006

    IR  J-STAGE  References (44) Cited by (1)

  • イセエビ類の生活史(112)個体群の形成,維持および更新(35)  [in Japanese]

    関口 秀夫

    Aquabiology 27(6), 663-666, 2005-12

  • イセエビ類の生活史(110)個体群の形成,維持および更新(33)  [in Japanese]

    関口 秀夫

    Aquabiology 27(3), 275-279, 2005-06

  • イセエビ類の生活史(109)個体群の形成,維持および更新(32)  [in Japanese]

    関口 秀夫

    Aquabiology 27(2), 180-183, 2005-04

  • Population Dynamics of the Brackish Water Clam Corbicula japonica in Kiso Estuaries, Central Japan  [in Japanese]

    MIZUNO TOMOMI , NANBU RYOGEN , SEKIGUCHI HIDEO , TOMOMI MIZUNO , RYOGEN NANBU , HIDEO SEKIGUCHI , 三重県科学技術振興センター水産研究部 , 三重大学生物資源学部 , 三重大学生物資源学部 , Fisheries Research Division Mie Prefectural Science and Technology Promotion Center , Faculty of Bioresources Mie University , Faculty of Bioresources Mie University

    木曽三川の感潮域において,ヤマトシジミ漁獲個体の時空間分布を調べた結果,揖斐・長良川では主に感潮域の下流側の定点に,木曽川では主に感潮域の上流側の定点に出現し,その密度は春季から夏季に上昇し,秋季から冬季に減少した。漁獲個体を殻長頻度分布を用いてコホートに分離し解析した結果,両河川の漁獲量は春期から夏季に加入した新規加入群によって維持されており,これらの新規加入群が主に漁獲によって順次減耗していき …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 71(2), 151-160, 2005-03-15

    JASI  J-STAGE  References (15) Cited by (3)

  • イセエビの生活史(106)個体群の形成,維持および更新(29)  [in Japanese]

    関口 秀夫

    Aquabiology 26(4), 371-375, 2004-08

  • イセエビの生活史(104)個体群の形成,維持および更新(27)  [in Japanese]

    関口 秀夫

    Aquabiology 26(2), 177-182, 2004-04

Page Top