尾上 謙介 ONOUE Kensuke

ID:1000010027261

京都大学防災研究所地震予知研究センター Research Center for Earthquake Prediction, D.P.R.I., Kyoto University (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 28

  • 1 / 2
  • On the Well Water Decreases Preceded the Nankai Earthquake : For the Prediction of Next Nankai Earthquake  [in Japanese]

    UMEDA Yasuhiro , SHIGETOMI Kunihiro , ONOUE Kensuke , ASADA Teruyuki , HOSO Yoshinobu , KONDO Kazuo , HASHIMOTO Manabu , KIMURA Shozo , KAWATANI Kazuo , OMURA Makoto

    Zisin : Journal of the Seismological Society of Japan 63(1), 1-10, 2010-06-15

    References (17)

  • Seasonal Variations in the Continuous Observations of the Crustal Movement  [in Japanese]

    TERAISHI Masahiro , ONOUE Kensuke , OHYA Fumio , NAKAMURA Kajuro , TAKEUCHI Fumiaki , MORII Wataru , HOSO Yoshinobu , SONODA Yasumi , WADA Yasuo

    これまで京都大学では,多くの(横坑式)観測坑道で伸縮計・傾斜計などによる地殻変動連続観測を行ってきた。これらの連続観測は観測坑道を取り巻く環境・立地条件により,経年変化速度,季節(年周)変化など,観測点毎に非常に多様性に富んでいる。一方近年においては,センサーやデータ収録の電子化,データ伝送の発達により,歪分解能や時間分解能の高精度化が進められ,スロースリップの検出,超長周期の表面波や地球自由振動 …

    Disaster Prevention Research Institute Annuals. B 52(B), 285-292, 2009-06-01

    IR  Cited by (1)

  • Trial Manufacture of Short Span Strainmeter using a Mechanical Magnification System  [in Japanese]

    MATSUO Shigemitu , ONOUE Kensuke , SHIGETOMI Kunihiro , MORII Wataru , ASADA Teruyuki , HOSO Yoshinobu , TAKAHASHI Teruo , ISHII Hiroshi

    既存の坑道を利用することを前提とした,設置が簡易で比較的経費のかからない短スパンひずみ計の開発を試みた。長スパンの基準尺ひずみ計と同等の感度を得るために石井等が開発したメカニカル拡大システムを用いた。試作の円筒形短スパンひずみ計を逢坂山観測所坑道内の岩盤内に固着し,観測を開始した。潮汐ひずみ変動や地震が記録でき,伸縮計として利用できることが確かめられた。

    Disaster Prevention Research Institute annuals. B 48(B), 231-234, 2005-04-01

    IR 

  • Establishment of Extensometers set in the Tunnel of the Hokuriku Observatory  [in Japanese]

    TAKEUCHI Fumiaki , OHYA Fumio , MORII Wataru , ONOUE Kensuke , HOSO Yoshinobu , WADA Yasuo , SONODA Yasumi

    2003年始めより,近畿北部の地殻変動に異常が見られる。京都府宇治市の天ヶ瀬観測室坑道では,3成分の伸縮計が,それ以前を大きく上回る縮みを示すようになり,現在に至っている。一方この北東約200kmの岐阜県高山市の上宝観測所蔵柱観測室では,極めてわずかな変化しか生じていない。この違いの原因等を調べるため,両観測点のほぼ中間に位置する福井県鯖江市内の北陸観測所坑道に伸縮計を設置した。本稿では,設置の状 …

    Disaster Prevention Research Institute annuals. B (49), 239-243, 2005

    IR 

  • A Small-Scale Strainmeter with Three Components  [in Japanese]

    ONOUE Kensuke , MATSUO Shigemitsu , HOSO Yoshinobu , TAKAHASHI Teruo , ISHII Hiroshi

    既設のトンネルなどを利用して地殻ひずみの多点観測を行う目的で比較的設置の簡単な短スパンひずみ計の試作を行った。これまでに逢坂山観測所観測坑道内に設置した一成分の短スパンひずみ計により潮汐変動や地震波が観測できることが確認されたので,今回はさらに三成分による簡易短スパンひずみ計を試作し,前回と同じ逢坂山観測所のより堅固な岩盤内に設置して観測を行い従来の長スパンひずみ計による観測記録との比較を行った。 …

    Disaster Prevention Research Institute annuals. B (49), 263-268, 2005

    IR 

  • Unusual Change of the Crustal Strain Preceding the 1995 Hyogoken-nanbu Earthquake  [in Japanese]

    MORII Wataru , ONOUE Kensuke , NAKAMURA Kajuro , OHYA Fumio , HOSO Yoshinobu , WADA Yasuo

    京都大学防災研究所付属地震予知研究センターの地殻変動観測所のうち近畿地方に分布する3観測所(屯鶴峯・阿武山・天ヶ瀬)で,1989年終盤から1995年初頭にかけて顕著な地殻歪の変動が記録され,その後1995年兵庫県南部地震が発生した。上記3観測所の記録は,何れも1989年終盤から約3年の間南北方向の圧縮が増大したことを示し,その後約2年の間は南北方向の圧縮の増大が沈静化したことを示している。さらに1 …

    Disaster Prevention Research Institute annuals. B (49), 245-251, 2005

    IR 

  • Unusual conditions clarified by the continuous observation of crustal movements in the central part of Kinki district.  [in Japanese]

    森井 亙 , 重富 國宏 , 尾上 謙介 [他]

    京都大学防災研究所付属地震予知研究センターの地殻変動観測所のうち近畿地方に分布する3観測所(天ヶ瀬・阿武山・屯鶴峯)で,2003年2~3月頃から,地殻歪に顕著な変化が生じ現在まで継続している。地殻歪に変化が生じたのと同じ時期に,逢坂山観測所の地下水位にも地殻歪の変化に起因すると考えられる顕著な変化が生じた。また,2004年9月23日と2005年1月29日に逢坂山観測所で地下水位の急激な変化が観測さ …

    Disaster Prevention Research Institute annuals. B (48), 197-201, 2004

    IR 

  • GPS observation across the hinge-line in Kii peninsula: Estimate of interplate coupling and deformations associated with 2004 SE off Kii peninsula earthquakes  [in Japanese]

    橋本 学 , 尾上 謙介 , 大谷 文夫 [他]

    次の南海地震の震源域とされるプレート間カップリング領域を推定するため,2001年より紀伊半島南部においてGPSキャンペーン観測を実施している。この観測結果と国土地理院の連続観測データをあわせて解析し,アムール・プレートに対して紀伊半島南端の串本で約40mm/yr,中部の印南付近で約28mm/yrの北西方向の速度を得た。この速度を説明するためには,1946年南海地震の断層面のみならず, その延長部に …

    Disaster Prevention Research Institute annuals. B (48), 157-166, 2004

    IR 

  • Observations of groundwater in areas reported with the anomalous changes of water levels of wells prior to Showa Nankai Earthquake―Construction of data set―  [in Japanese]

    尾上 謙介 , 梅田 康弘 , 重富 國宏 [他]

    昭和南海地震発生の数日前から直前にかけて紀伊半島から四国の太平洋沿岸部において井戸の水位低下および水涸れが報告されている。これらの井戸の水位低下についてのメカニズムを解明することが次の南海地震の予知の手掛かりになると考えられる。このことを目的に,井戸水位低下が報告された地点を中心に多くの井戸で水位観測を行った。同時に水準測量をおこなって海水準からの井戸の水位標高を得た。ここでは水位標高と海水の潮位 …

    Disaster Prevention Research Institute annuals. B (48), 185-190, 2004

    IR  Cited by (1)

  • Tidal Strains Observed with Extensometers in Donzurubo Observatory, Nara, Japan

    ONOUE Kensuke , MUKAI Atsushi , TAKEMOTO Shuzo

    測地学会誌 47(1), 141-147, 2001-03-25

    References (5)

  • Electro-Optical Measurements on Median Tectonic line  [in Japanese]

    ONOUE Kensuke , HOSO Yoshinobu , FUJITA Yasuyoshi , DOI Hikaru , TANAKA Torao

    中央構造線は活断層の分布からいくつかのセグメントに分かれると考えられている。これらの活断層を監視するために,四国の川之江,阿波池田,紀伊半島の粉河,五条の各地域で光波測量を実施した。20年間以上の中央構造線での光波測量の結果,各セグメントにより変動の違いが見られ,変動は中央構造線の活断層について述べられている右横ずれ変動の断層運動と調和している。しかし中央構造線での観測期間中の変動は,ひずみ速度で …

    Disaster Prevention Research Institute Annuals. B (45), 525-533, 2001

    IR 

  • Bedrock structure in Lijiang basin, Yunnan, China  [in Japanese]

    KOMAZAWA Masao , NAKAMURA Kajuro , AKAMATSU Junpei , JIANG Lequn , CAI Shaoping , LI Kanlong , ZHAO Zhiguan , NISHIMURA Keiichi , MORIKAWA Hitoshi , ONOUE Kensuke , SETO Norihiko

    日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan 1999(2), B84, 1999-11-09

    References (1)

  • Subsurface structure of Lijiang Basin, Yunnan Province, China, obtained through microseism measurements, seismic exploration and gravity survey  [in Japanese]

    AKAMATSU Junpei , MORIKAWA Hitoshi , NISHIMURA Keiichi , SETO Norihiko , KOMAZAWA Masao , ONOUE Kensuke , JIANG Lequn , LI Kanlong , WANG Yumei

    1996年麗江地震により生じた麗江盆地の異常震度分布の原因を究明するために, 脈動観測, 屈折法地震探査および重力測定を実施して, 盆地の地下構造, 特に基盤岩構造を調べた。その結果, 脈動や地震探査から求まる速度構造と重力異常から求まる密度構造とでは, 基盤岩深度に違いはあるものの, 類似の盆地基盤構造が得られた。盆地西縁の雪山断層に伴って基盤岩は700m程度急峻に沈降している。盆地南部を斜めに …

    Disaster Prevention Research Institute Annuals. B 42(B1), 167-177, 1999-04

    IR 

  • Ground motions during the 1995 Hyogo-ken Nanbu Earthquake and bedrock structure around Koyo Fault  [in Japanese]

    AKAMATSU Junpei , JIDO Mitsuru , KOMAZAWA Masao , NISHIMURA Keiichi , SAITO Hideo , NAKAMURA Kajuro , ONOUE Kensuke , SHICHI Ryuichi

    1995年兵庫県南部地震のいわゆる「震災の帯」の成因については, 地震工学・応用地震学の観点からは, 強い震動が生じた原因の究明が課題となる。本論では, これまで明らかにされてきた地震動の特徴とそれを生起した要因-震源破壊過程, 波動の伝播による減衰, 広い意味における地盤震動特性-を概観する。3次元シミュレーションによる強震動分布は, 神戸市域中部の被害分布などは概ねうまく説明するが, 東灘区以 …

    The Memoirs of the Geological Society of Japan. 51, 20-36, 1999-03-24

    NDL Digital Collections  References (64) Cited by (2)

  • Gravity Basement Structure of Lijiang Basin in Yunnan Province, China  [in Japanese]

    KOMAZAWA Masao , NAKAMURA Kajuro , AKAMATSU Junpei , JIANG Lequn , CAI Shaoping , LI Kanlong , ZHAO Zhiguan , NISHIMURA Keiichi , MORIKAWA Hitoshi , ONOUE Kensuke , SETO Norihiko

    得られた重力異常は南北に延びた低重力帯によって特徴づけられ, 大きな地溝帯に発達した盆地ということができる。地震被害の大きかった盆地南部を北東一南西に切る麗江一剣川断層については, 明瞭な構造は見いだされなかった。一方, 南北に延びた地溝状低重力帯の西側は東側に比べ大きな勾配を持っており雪山断層にほぼ対比でき, 地震断層(活断層)が想定できるかも知れない。解析締果から堆積層の最大の厚さは2kmに達 …

    Disaster Prevention Research Institute Annuals. B (43), 67-74, 1999

    IR 

  • Subsurface Structure of Lijiang Basin, Yunnan, China Inferred from Microseisms, Seismic Prospectings and Gravity Anomaly  [in Japanese]

    AKAMATSU Junpei , JLANG Lequn , KOMAZAWA Masao , LI Kanglong , LUO Qifeng , MORIKAWA Hitoshi , NAKAMURA Masao , NISHIMURA Keiichi , ONOUE Kensuke , SETO Norihiko , WANG Yumei

    日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan 1998(2), 1998-10-09

  • Bedrock Structure of Lijiang Basin in Yunnan, China, Inferred from Microseisms- Relation to Damage Caused by the 1996 Lijiang Earthquake (M7.0) -  [in Japanese]

    AKAMATSU Junpei , MORIKAWA Hitoshi , NISHIMURA Keiichi , ONOUE Kensuke , JIANG Lequn , LUO Qifeng , NAKAMURA Masao

    1996年麗江地震における麗江盆地内の震度異常の原因を明らかにする目的で, 脈動により盆地の速度構造, 特に基盤岩の形状を推定した。解析方法は, アレー観測記録に2sSPAC(2点による自己空間相関法)を適用して平均的な速度構造を求め, この速度値を用いてH/V(水平動/上下動スペクトル比)のピーク周期から観測点直下の構造を推定するものである。この結果, 盆地の東と西とで基盤岩は400mの落差を伴 …

    Disaster Prevention Research Institute Annuals. B (41B-1), 111-117, 1998-04

    IR 

  • Relation between Distrbution of Damage Caused by the 1996 Lijiang Earthquake and the Basin Structure Related to Faults  [in Japanese]

    AKAMATSU Junpei , NAKAMURA Masao , JIANG Lequm , MORIKAWA Hitoshi , NISHIMURA Keiichi , ONOUE Kensuke , LUO Qifeng

    日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan 1997(2), 1997-09-15

    References (2)

  • ELECTRO-OPTICAL DISTANCE MEASURMENT IN DONZURUBO DISTRICT  [in Japanese]

    ONOUE Kensuke , FUJITA Yasuyosi

    The results observed by electro-optical distance measurment in Donzurubo district since 1974 are presented.The trend of strain accumulation obtained from data of E. D. M consistent with the trends of …

    Disaster Prevention Research Institute Annuals. B (38B-1), 221-226, 1995-04

    IR 

  • OBSERVATIONS OF THE CRUSTAL MOVEMENT AT THE DONZURUBO CRUSTAL MOVEMENT OBSERVATORY- 1980-1993 -  [in Japanese]

    ONOUE Kensuke , FUJITA Yasuyosi

    We report the observed results for 14 years at Donzurubo Observatory. The spectrum of strain variations show f-1 attenuation of amplitude for frequencies. Secular variations of strain show characteris …

    Disaster Prevention Research Institute Annuals. B (37B-1), p241-249, 1994-04

    IR 

  • 1 / 2
Page Top