井上 正一[他] Inoue Shoichi

ID:1000010032286

鳥取大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻 (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 43

  • 1 / 3
  • 11-108 Achievement and Review of Engineering Design Education : Challenge of Civil Engineering Department, Tottori University  [in Japanese]

    SHIMIZU Masayoshi , YOSHINO Akira , KUROIWA Masamitsu , INOUE Shoichi

    Proceedings of Annual Conference of Japanese Society for Engineering Education 2011(0), 232-233, 2011

    J-STAGE  Cited by (1)

  • The Present State and Feature of Concrete Technologies in Chugoku District  [in Japanese]

    SATO R. , INOUE S. , SAITO T. , ADACHI K.

    Concrete Journal 48(1), 34-36, 2010-01-01

    J-STAGE  References (18)

  • Quality improvement of concrete with melt-solidified slag aggregate by limestone fine powder  [in Japanese]

    金子 泰治 , 井上 正一 , 吉野 公 [他] , 黒田 保

    溶融スラグ骨材の使用量が多くなるとコンクリートのフレッシュ性状および硬化後の品質に悪影響を及ぼすことが指摘されている。この問題への対応策の一つとして,細骨材の全量を溶融スラグとし,その一部を石灰石微粉末で0~18%置換することによるコンクリートの品質改善について検討した。その結果,所要のスランプを得るための単位水量の低減,ブリーディング率の減少と終了時間の短縮,凝結時間の短縮,同一W/Cにおける圧 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(2), 505-510, 2008

    NDL Digital Collections 

  • Effects of reactive aggregate content and accelerated curing conditions on ASR expansion of concrete  [in Japanese]

    KURODA Tamotsu , INOUE Shoichi , YOSHINO Akira , NISHIBAYASHI Shinzo

    NaOH溶液に浸せきして60℃で保存した供試体のASR膨張に与えるNaOH溶液濃度と反応性骨材混合割合の影響について検討を行い,さらに,NaOH溶液浸せき法とデンマーク法を実施した供試体の膨張率の比較・検討を行った結果,つぎのことが明らかとなった。(1)供試体の反応性骨材混合割合およびW/Cが異なると,ASR膨張とNaOH溶液濃度との関係は異なった。(2)供試体を浸せきするNaOH溶液濃度およびW …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 1005-1010, 2008

    NDL Digital Collections 

  • ASR expansion characteristics of concrete immersed in NaCl solution  [in Japanese]

    黒田 保 , 井上 正一 , 吉野 公 [他] , 西林 新蔵

    NaCl溶液に浸せきしたコンクリートのASR膨張に与える保存温度およびNaCl溶液濃度の影響について検討した結果,以下のことが明らかとなった。(1)NaCl溶液の濃度が低い場合には,保存温度が高くなるとASR膨張は小さくなり,濃度が高い場合には,保存温度の上昇とともにASR膨張は大きくなる。(2)保存温度が低い場合には,NaCl溶液濃度が高くなるとASR膨張は小さくなる。一方,保存温度が高い場合に …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(1), 1227-1232, 2007

    NDL Digital Collections 

  • Improvement of fresh properties of concrete using blast furnace slag aggregate by fly ash  [in Japanese]

    吉野 公 , 井上 正一 , 黒田 保 [他] , 村山 真一

    本研究は,フライアッシュを高炉スラグ細骨材の一部として置換し,粗細骨材とも高炉スラグ骨材を用いたコンクリートの品質改善をすることを目的として行った。まず,モルタルにおいて,所定の流動性および空気量を得るためにフライアッシュ置換率と混和剤量との関係を明らかにし,その後,コンクリートにおいて,フレッシュ性状および硬化後の性質の検討を行った。その結果,高炉スラグ骨材を用いたコンクリートにフライアッシュを …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(1), 147-152, 2007

    NDL Digital Collections 

  • Ethics and Self-respect of Concrete Engineer  [in Japanese]

    INOUE S.

    コンクリート工学 = Concrete journal 44(5), 1, 2006-05-01

  • ASR expansion characteristics of concrete immersed in NaOH solution  [in Japanese]

    黒田 保 , 井上 正一 , 吉野 公 [他] , 西林 新蔵

    NaOH溶液に浸漬したコンクリート供試体のASR膨張に与えるコンクリート中のアルカリ含有量,NaOH溶液濃度および保存温度の影響について検討を行った結果,以下のことが明らかとなった。(1)アルカリ含有量が多いほどASR膨張は大きくなる。(2)アルカリ含有量が多いときには,供試体を浸漬するNaOH溶液濃度が高くなるとASR膨張が小さくなる場合がある。(3)保存温度の上昇とともにASRが促進されるため …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(1), 83-88, 2006

    NDL Digital Collections 

  • フライアッシュの性質が混和剤の添加量に及ぼす影響  [in Japanese]

    吉野 公 , 井上 正一 , 黒田 保 [他] , 村山 真一

    本研究では,フライアッシュを有効利用するための基礎的資料を得るために,まず,フライアッシュを含めた粉体の性質がペーストの流動性および混和剤使用量に及ぼす影響を検討した。つぎに,フライアッシュをコンクリートの細骨材の一部として代替使用することを想定したモルタルで,その流動性,空気連行性,凝結時間を検討した。これらの結果に基づき,フライアッシュの性質の内,BET比表面積に基づいた混和剤の添加量決定方法 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(1), 175-180, 2005

    NDL Digital Collections 

  • Properties of Concrete with Decomposed Granite as Fine Aggregate  [in Japanese]

    INOUE Shoichi , KURODA Tamotsu , MATSUI Shinsaku , YOSHINO Akira

    Three kinds of decomposed granites are selected based on the content of materials finer than 75μm sieve and ignition loss among decomposed granites produced in Tottori prefecture. The selected deco …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 53(10), 1077-1082, 2004-10-15

    J-STAGE  References (4) Cited by (1)

  • フェロニッケルスラグ微粉末を用いた高流動コンクリートの硬化後の性質  [in Japanese]

    吉野 公 , 井上 正一 , 黒田 保

    本研究では,粉体系高流動コンクリートの粉体材料として,フェロニッケルスラグ細骨材を製造する過程で排出されるフェロニソケルスラグ微粉末を用いた高流動コンクリートの充てん性および耐久性を含めた硬化後の性質について,従来から用いられている高炉スラグ微粉末あるいは石灰石微粉末を用いた高流動コンクリートと比較検討した。その結果,自己充てん性を満足する高流動コンクリートが得られること,硬化後の気泡発生率はやや …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(1), 983-988, 2003

    NDL Digital Collections 

  • Use of Chinese Sand and Fine Powders of Industrial Waste as Fine Aggregate  [in Japanese]

    YOSHINO Akira , INOUE Shoichi , KURODA Tamotsu , MATSUI Shinsaku

    The purpose of this study is to investigate the applicability of Chinese sand and fine powders of industrial waste as fine aggregate. At first, three types of fine aggregate were prepared mixing crush …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 51(10), 1086-1091, 2002-10-15

    J-STAGE  References (5)

  • 反応性骨材の粒径, 粒度および混入量がモルタルのASR膨張に与える影響  [in Japanese]

    黒田 保 , 西林 新蔵 , 井上 正一 [他] , 吉野 公

    ASRを促進する方法としてNaOH溶液に浸漬したモルタルを,オートクレープ装置内で煮沸処理する方法を適用し,この方法によって生じるモルタルのASR膨張に与える反応性骨材の粒径,粒度,混入量の影響について検討を行った。その結果,反応性骨材の粒径および粒度にかかわらず,ASR膨張と反応性骨材の総表面積との間には相関関係があることが確認された。また,S/Cが異なるモルタルバーに対してそのASR膨張と反応 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 24(1), 63-68, 2002

    NDL Digital Collections 

  • PREDICTION EQUATIONS OF CREEP AND DRYING SHRINKAGE STRAIN FOR WIDE-RANGED STRENGTH CONCRETE  [in Japanese]

    SAKATA Kenji , TSUBAKI Tatsuya , INOUE Shoichi , AYANO Toshiki

    コンクリート構造物の高性能化により, ハイパフォーマンスコンクリートの使用や構造解析精度の向上に対する関心がますます高まってきている. それに伴い, 高強度域まで適用可能なコンクリートの時間依存性ひずみ予測式の確立が強く望まれている.<br>本研究では, 各国のデータバンクに収められている乾燥収縮ひずみおよびクリープの実験データを中心に用い, 現在までに提案されている代表的な予測式の適 …

    Doboku Gakkai Ronbunshu 690, 1-19, 2001-11-20

    J-STAGE  References (11) Cited by (2)

  • Effect of Strengthening Stiffness with Continuous Fiber Sheets on Confinement for Concrete Columns  [in Japanese]

    MIYAUCHI Katsuyuki , INOUE Shoichi , KURODA Tamotsu , KOBAYASHI Akira

    本研究においては,将来新たな力学的特性を有する連続繊維シートが開発された場合をも想定して,高強度型炭素繊維シート,高弾性型炭素繊維シートおよびアラミド繊維シート貼付けによるコンクリート柱の横拘束効果について連続繊維シート補強の剛性の面から検討した。その結果,(1)連続繊維シートの種類が異なっても補強の剛性が同じ場合には,軸応力~軸ひずみ関係はほぽ同じ経路をたどる,(2)軸応力~軸ひずみ関係の塑性域 …

    コンクリート工学年次論文報告集 23(1), 865-870, 2001-06-08

    NDL Digital Collections  References (3)

  • Application of Decomposed Granite as Fine Aggregate for Concrete  [in Japanese]

    MATSUI Shinsaku , INOUE Shoichi , YOSHINO Akira , KURODA Tamotsu

    海砂の全面採取規制,さらにはコンクリート用骨材そのものの資源が不足している中で,ここではその対応として鳥取県内に広く分布する真砂土をコンクリート用細骨材として使用できる可能性を検討した。その結果,遅延形の高性能胡減水剤を添加することによって通常のコンクリートと同程度の強度,耐久性,施工性をもったコンクリートを製造できる可能性があることが明らかになった。

    コンクリート工学年次論文報告集 23(1), 277-282, 2001-06-08

    NDL Digital Collections  References (5)

  • Technical Committee on Time-Dependent Behavior of Concrete Structure Due to Creep and Shrinkage of Concrete  [in Japanese]

    SAKATA Kenji , INOUE Shoichi , OHNO Yoshiteru , SATO Yoshiaki , SHIMOMURA Takumi , TSUBAKI Tatsuya

    コンクリート工学年次論文報告集 23(1), 11-18, 2001-06-08

    NDL Digital Collections  References (6)

  • Application of Decomposed Granite as Fine Aggregate for Concrete  [in Japanese]

    INOUE Shoichi , YOSHINO Akira , KURODA Tamotsu , MATSUI Shinsaku

    Physical properties of decomposed granites distributed widely in Tottori prefecture were examined. Subsequently, mix proportion and manufacture of concrete with water content of 150kg/m<sup>3< …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 00049(00010), 1091-1096, 2000-10-15

    J-STAGE  References (5) Cited by (1)

  • Properties of Self-compacting Concrete with Ferronickel Slag Powder  [in Japanese]

    YOSHINO Akira , INOUE Shoichi , KURODA Tamotsu , NAKAMURA Hideto

    本研究においては,粉体系高流動コンクリートの粉体材料として,フェロニッケルスラグ細骨材を製造する過程で排出されるフェロニッケルスラグ微粉末を用いた高流動コンクリートの流動性,充てん性等について実験的に検討を行った。実験要因としては,フェロニッケルスラグ微粉末の粉末度,置換率,製造方法,水粉体比および単位水量を採り上げ,これらが高流動コンクリートの流動性,充てん性等に及ぼす影響を明らかにするとともに …

    コンクリート工学年次論文報告集 22(2), 883-888, 2000-06-01

    NDL Digital Collections  References (4)

  • Effects of the Particle Size of Reactive Fine Aggregate and Accelerated Test Conditions on ASR Expansion of Mortar Bars  [in Japanese]

    KURODA Tamotsu , NISHIBAYASHI Shinzo , INOUE Syoichi , YOSHINO Akira

    本研究では,ASRの促進試験法としてNaOH溶液に浸漬したモルタルバーを,オートクレープ装置内で煮沸処理する方法を適用した。そして,この促進試験法によって生じるモルタルバーの膨張に及ぼす,反応性骨材の粒径,NaOH溶液の濃度およびオートクレープ処理圧力の影響について検討を行った。その結果,NaOH溶液濃度が高く,かつ,反応性骨材の総表面積が大きくなるほどASR膨張は大きくなるが,骨材の種類,NaO …

    コンクリート工学年次論文報告集 22(1), 49-54, 2000-06-01

    NDL Digital Collections  References (4)

  • 1 / 3
Page Top