大河原 久子 OHGAWARA Hisako

ID:1000010075468

(株)日本動物高度医療センター Japan Animal Referral Medical Center (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 76

  • 1 / 4
  • Surgical Resection and Postoperative Chemotherapy for a Gastrointestinal Mast Cell Tumor in a Dog  [in Japanese]

    YAMASHITA Masao , UCHIDA Yosuke , ONO Kenichiro , OGAWA Hiroyuki

    小腸に発生した肥満細胞腫のパピヨンに対して,腸管切除術を実施した.リンパ節転移と腹腔内播種を認めたため,術後にビンブラスチン,プレドニゾロンを投与したところ,約5カ月にわたり腫瘍の進行を示唆する所見は認められず,安定した状態を維持することができたが,第160病日に癌性腹膜炎の発症が確認された.そこでロムスチン(CCNU)の投与を開始したところ,症状は劇的に改善して完全寛解に至った.以後約1年にわた …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 66(7), 479-482, 2013-07-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (10)

  • A Case of Golden Retriever with Well-differentiated Fibrosarcoma on the Front of the Head  [in Japanese]

    ICHIKAWA Mika , YAMASHITA Masao , OKANO Kumiko , NIBE Kazumi , KAKIUCHI Takahiko , ONO Kenichiro , OGAWA Hiroyuki

    11歳齢、雄のゴールデン・レトリーバーが線維腫と診断された前頭部腫瘤の再発を主訴に来院した。腫瘤は頭蓋骨への固着が著しく、眼窩へも浸潤しており、高分化型線維肉腫と再診断された。X線CT所見に基づき、頬骨突起と前頭骨の一部を含めて腫瘤を切除するとともに、圧迫され変形した眼球を摘出した。切除後の摘出部位の修復は、側頭筋を剥離し反転させた被覆と多孔性ゼラチンスポンジの充填とした。術後、一時的な皮下気腫と …

    Japanese Journal of Veterinary Anesthesia & Surgery 43(1), 21-25, 2012-04-30

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (12)

  • Clinical and Pathological Aspects of Hemophilia A in Japanese Brown Cattle

    MORITOMO Yasuo , SHIMOJO Kenichi , MIYADERA Keiko , KHALAJ Maryam , ASANO Yuka , KUNIEDA Tetsuo , OGAWA Hiroyuki

    母牛が同一の褐毛和種雄子牛2頭に皮下出血、筋間および気管食道周囲の出血を伴う止血異常が発生した。1頭は発症後3日で死亡したが、他の1頭は皮下血腫がみられたのみで、と殺時まで元気であった。後者では活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)の延長と第VIII因子活性の重度の減少がみられ、von Willebrand因子活性は正常値であることから、血友病Aと確定診断された。本報は臨床病理学的に診断され …

    Journal of Veterinary Medical Science 70(3), 293-296, 2008-03-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (16)

  • Marker-assisted selection for forelimb-girdle muscular anomaly of Japanese Black cattle

    MASOUDI Ali Akbar , UCHIDA Kazuyuki , YOKOUCHI Kou , MIYADERA Keiko , OGAWA Hiroyuki , SUGIMOTO Yoshikazu , KUNIEDA Tetsuo

    Animal science journal 78(6), 672-675, 2007-12-01

    Ichushi Web  References (14)

  • Mandibulectomy for Treatment of Chondrosarcoma in a Rabbit  [in Japanese]

    MIWA Yasutsugu , NISHIMURA Ryouhei , NAKAYAMA Hiroyuki , OGAWA Hiroyuki

    4歳2カ月齢, 雄の雑種ウサギが右側下顎部の口腔内腫瘤を主訴に来院した. 切除した腫瘤を検査したところ軟骨肉腫と診断された. 切除17日後に腫瘍の再発を認めたため, 腫瘍を含めた下顎骨部分摘出術を実施した. 術後経過は順調であったが, 術後57日目に腫瘍の再々発を確認し, 再発腫瘍と残った右側下顎骨近位部を摘出した. しかし, 3回目の手術63日後に呼吸困難となったため安楽死とした. 剖検により, …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 60(7), 515-518, 2007-07-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (9) Cited by (1)

  • Incidence of Canine Glaucoma with Goniodysplasia in Japan : A Retrospective Study

    KATO Kumiko , SASAKI Nobuo , MATSUNAGA Satoru , NISHIMURA Ryohei , OGAWA Hiroyuki

    1244頭の犬に眼圧測定,隅角検査を含めた眼科検査を実施した.隅角は眼底カメラを用いて撮像し,その写真より隅角形態(虹彩角膜角度,櫛状靭帯)を分析し,形態異常別ごとの群に分類した.緑内障診断基準は,視神経乳頭の陥凹状態,臨床症状,眼球の変化,眼圧上昇と隅角形態異常の程度から原発性ないし続発性とした.29犬種127頭,162眼が緑内障と診断され,そのうち129眼が原発性緑内障,33眼が続発性緑内障で …

    Journal of Veterinary Medical Science 68(8), 853-858, 2006-08-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (29)

  • Mammary Duct Ectasia Associated with Adrenocortical Carcinoma in a Ferret  [in Japanese]

    MIWA Yasutsugu , MATSUNAGA Satoru , UETSUKA Kouji , NAKAYAMA Hiroyuki , TANAKA Takashi , TANIGUCHI Takashi , OGAWA Hiroyuki

    2年以上の全身性脱毛を呈していた5歳8カ月齢の避妊雌フェレットで右第3~5乳腺の腫大が確認された. エストラジオール, 17-ヒドロキシプロゲステロンの高値およびその他の臨床検査結果から脱毛は副腎疾患に関連した症状と判断した. 開腹により左右副腎の腫大を認めた. 左副腎および乳腺腫脹部の外科的切除と病理組織学的検査を実施し, それぞれ副腎皮質腺癌および乳管拡張症と診断した.術後, 術前に高値を示し …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 59(6), 397-399, 2006-06-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (8) Cited by (1)

  • 血友病Aを発症したM. ダックスの1家系  [in Japanese]

    徳力 剛 , 宮寺 恵子 , 天野 芳二 , 玉原 智史 , 小野 憲一郎 , 小川 博之

    動物遺伝育種研究 = The journal of animal genetics 34(1), 80-81, 2006-06-01

    Ichushi Web 

  • Choroidal Melanoma in a Dog

    MIWA Yasutsugu , MATSUNAGA Satoru , KATO Kumiko , OGAWA Hiroyuki , NAKAYAMA Hiroyuki , TSUJIMOTO Saori , SASAKI Nobuo

    7歳齢, 雌のゴールデンレトリバーが左側眼窩内の腫瘤を主訴に来院した.眼底検査, 超音波検査およびMRI所見から脈絡膜原発性黒色腫を疑い, 患眼の摘出術を実施し, 組織学的に脈絡膜原発性黒色腫と診断した.本症例は術後約23ヵ月間, 再発や転移を示唆する検査所見はない.

    Journal of Veterinary Medical Science 67(8), 821-823, 2005-08-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (11)

  • Spontaneous Aleutian Disease in a Ferret Infected with the Ferret-Derived Aleutian-disease Virus Strain  [in Japanese]

    MIWA Yasutsugu , MATSUNAGA Satoru , NAKAYAMA Hiroyuki , UETSUKA Kouji , NAKAMURA Hiroyuki , OGAWA Hiroyuki , ANDO Mari

    食欲低下および全身状態の悪化, 腎腫大を主訴に上診した9カ月齢の去勢雄フェレットを臨床経過および血液検査所見, ウイルス抗体価の測定結果などからアリューシャン病と仮診断した. 対症療法を実施したものの, 症例は進行性消耗性の経過をとり第80病日斃死した. 斃死後, 病理組織学的検査および遺伝子検査によりアリューシャン病ウイルスのフェレット由来株に感染し斃死したことを確認した.

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 58(7), 484-487, 2005-07-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (8) Cited by (1)

  • Magnetic Resonance Imaging of a Canine Eye with Melanoma

    KATO Kumiko , NISHIMURA Ryohei , SASAKI Nobuo , MATSUNAGA Satoru , MOCHIZUKI Manabu , NAKAYAMA Hiroyuki , OGAWA Hiroyuki

    2ヵ月前からの左眼突出を主訴とする8歳齢,雄のビーグル犬が来院した.角膜混濁のため眼球内の評価は困難であり,超音波検査でも病変部位は確定できなかった.MRIでは,眼球内にT1強調像で高信号,T2強調像で低信号を示す腫瘤がみられ,ヒトの眼球内黒色腫と類似していた.この腫瘤は組織学的検査によって,眼球内悪性黒色腫と診断され,犬においてもMRI上,ヒトと同様の所見を示す可能性が示唆された.

    Journal of Veterinary Medical Science 67(2), 179-182, 2005-02-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (20)

  • イヌの鼻腔内腫瘍に対するコンピュータ断層撮影を基準とする新しい臨床病期分類法の検討  [in Japanese]

    近藤 優美 , 望月 学 , 西村 亮平 , 松永 悟 , 小川 博之 , 廉澤 剛 , 佐々木 伸雄

    日本獣医循環器学会抄録 80, 148, 2004-06-26

    Ichushi Web 

  • イヌの鼻腔内腫瘍に対するコンピュータ断層撮影を基準とする新しい臨床病期分類法の検討  [in Japanese]

    近藤 優美 , 望月 学 , 西村 亮平 , 松永 悟 , 小川 博之 , 廉澤 剛 , 佐々木 伸雄

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 35, 148, 2004-06-20

  • Effect GLP-1 (Glucagon-like Peptide 1 : 7-36 Amide) on porcine pancreatic endocrine cell proliferation and insulin secretion  [in Japanese]

    NAGAI K , TSUCHIYA K , EZAKI T , TSUCHIYA M , OHGAWARA H.

    膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society 19(2), 170-172, 2004-04-30

    Ichushi Web  References (5)

  • Prevalence of Autoantibody in Cerebrospinal Fluids from Dogs with Various CNS Diseases

    MATSUKI Naoaki , FUJIWARA Kaori , TAMAHARA Satoshi , UCHIDA Kazuyuki , MATSUNAGA Satoru , NAKAYAMA Hiroyuki , DOI Kunio , OGAWA Hiroyuki , ONO Kenichiro

    様々な中枢神経疾患の犬88例の脳脊髄液ならびに正常犬脳スライスを用いた間接免疫蛍光法を実施した結果,31例で星状膠細胞を認識する自己抗体を検出した.壊死性髄膜脳炎および肉芽腫性髄膜脳炎の総ての症例が自己抗体陽性であり,他の炎症性疾患では低い陽性率を示した.また脳腫瘍症例の一部も自己抗体陽性であった.以上より,この自己抗体検査は犬の炎症性中枢神経疾患の診断および脳腫瘍の病態理解に有用と考えられた.

    The Journal of veterinary medical science 66(3), 295-297, 2004-03-25

    Ichushi Web  References (17) Cited by (7)

  • Prevalence of Porcine Endogenous Retrovirus in Domestic Pigs in Japan and Its Potential Infection in Dogs Xenotransplanted with Porcine Pancreatic Islet Cells

    EDAMURA Kazuya , NASU Koko , IWAMI Yukiko , NISHIMURA Ryohei , OGAWA Hiroyuki , SASAKI Nobuo , OHGAWARA Hisako

    日本の各品種の豚における豚内在性レトロウイルス(PERV) proviral DNAの感染状況をPCRにて調査した.また,豚膵内分泌細胞(PE-cell)を含むバイオ人工膵島(Bio-AEP)を異種移植された実験的糖尿病犬の末梢血および脾臓を用いて,その感染の可能性をPCRおよびRT-PCRを用いて確認した.その結果,日本にいる各豚品種のすべてにPERV Oroviral DNAが検出され,今回用 …

    The Journal of veterinary medical science 66(2), 129-135, 2004-02-25

    Ichushi Web  References (20) Cited by (2)

  • 犬の脈絡膜原発性悪性黒色腫の一例  [in Japanese]

    三輪 恭嗣 , 松永 悟 , 加藤 久美子 , 辻本 早織 , 小川 博之

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 34, 103, 2003-09-20

    Ichushi Web 

  • 膀胱-尿道移行部付近の閉塞により突然尿失禁を呈した猫の1例  [in Japanese]

    徳力 剛 , 西村 亮平 , 室谷 大介 , 松木 直章 , 佐々木 伸雄 , 小川 博之

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 34, 283, 2003-06-10

    Ichushi Web 

  • イソフルランおよびプロポフォールのイヌ網膜電位図(ERG)に対する影響  [in Japanese]

    加藤 久美子 , 押野 茂 , 佐野 忠士 , 西村 亮平 , 松永 悟 , 望月 学 , 佐々木 伸雄 , 小川 博之

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 34, 260-261, 2003-06-10

    Ichushi Web 

  • 糖尿病の根治療法  [in Japanese]

    大河原 久子

    Rinsho yakuri/Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics 34(3), 473S-474S, 2003-05-31

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 1 / 4
Page Top